施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

「かもしかの森祭り」開催!

Series
ほっしー
八ヶ岳営業所

こんばんは。 このブログをお読みの皆さまだけに、本当のことを伝えたいほっしーです。

みんな大好き、あのセロリの本当の名前は「セルリー」だ! (へぇ~)

 

 

さて、私が定期的にDEFのブログで紹介する「エコラ倶楽部」。 森を守る活動の楽しさを地域の皆さまや子供たちに知って欲しいという思いから、春から秋にかけて様々なイベントを開催しております。

そしてこの夏、原村のエコラの森で久しぶりに「エコラの森の夏祭り」を開催いたしました。2日間で400人以上もの来場者があり、森で過ごす楽しさを味わうことができました。

詳しくはリニューアルしたエコラ倶楽部のホームページで。 https://www.ecoraclub.orgたのしく森をつくろう!

 

そんなこの夏の終わりに、エコラ倶楽部と同じ思いで活動する長野県小谷村大網地区の団体「くらして」さんの「かもしかの森」でも、2年ぶりにお祭りを開催することができました。 「かもしかの森祭り」ではエコラ倶楽部も主催者とし参加します。

日本中で里山に暮らす人が年々減っていると言われていますが、自然の中で暮らすことは本来の人間の幸せな姿でもあります。

そして今、コロナのおかげで都会に暮らす人々が、新しい働き方や本来の人間らしい幸せを求めて自然豊かな地へ移住してきています。

普段は静かなこの小谷村の大網地区にも、この日は大勢の子供連れのご家族が訪れ、森の中にできた遊具や様々なワークショップで楽しんでいました。 ちなみに「こんなに人が集まったのは久しぶりだ」と、ある村の方がおっしゃていました。

アトリエDEFも「環境事業部」が中心となって竹で作る弓矢作りを出店。 子供たちに大人気で、今年入社の若いスタッフが一生懸命に子供たちに作り方を教える姿が印象的でした。 大人や子供たちに放置された竹林の活用を考えてもらうきっかけになればいいですね。

森の中で奏でる演奏会もとても盛り上がりました。 森の中って結構音が響くんですね、コンサート会場としてもイイ所なんだなって私も気づきました。

もう一つ気づいたことは、森であそぶ子供たちはみんなケガもせず、泣きもせず、順番を守って笑顔で遊んでいるんですよね。 森は人とのコミュニケーションや危ないことを、自ら考え自分で判断できる力を育ててくれるんですね。

DEFやエコラ倶楽部の活動で森の中にいると、様々な出会いや気づきがあります。 こういった機会を今後もたくさん提供し、日本の山や人々に暮らしを守っていきたいとあらためて感じた一日になりました。

「エコラの森の夏祭り」や「かもしかの森祭り」はきっと来年も開催されます。 まだお越しになったことの無い方は、ぜひ来年ご家族でご参加下さい! お待ちしております。

 

 

【おまけ】いよいよあの謎の「ピノピノの実」を割る時がやってきました。

「スイカ寄りだったらいいな」とか、「キュウリ寄りだったらどう食べよう」とか、「まさかの空っぽ?」とか、夢はふくらみます。

食べた後の能力もいろいろ考えてしまいます。 「犬にかまれなくなる」とか、「財布の小銭が毎日500円増える」とか、「透明人間になれる」とか、おっさんの夢はふくらみます。(せこい夢だな)

 

 

じゃあ思い切って切ります。 えい!

えっ…!?         次回へ続く (まだひっぱるか)

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House