施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

想いもともに、

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

先日試作に踏み切ったDEFの自社生産の荒壁土、

ついに初出荷しました。

IMG_3651

 

前回での反省を踏まえて耕運機をパワーアップ!

IMG_3652

尾輪とハイド板がつきました。

 

尾輪は耕運機の反動に耐えられるようにするためのもの、

ハイド板は土を押し出せるようにするためのものです。

 

新たな武器を携え、土の中にいざダイブ!

 

IMG_3653

すると、、、

 

うんうん!いい感じ!

 

尾輪の支えのおかげで必要な腕力も最小限。

IMG_3654

前と比べて全然楽だし、これなら継続して作業に望めそう!

ハイド板も目論見どおりに機能してくれて、

これなら土の自社生産の可能性も見えてきそうです。

 

出荷前にもう一練りして、ハイド板で押し出して、

そんなこんなでようやく出来上がった壁土を、

自らの自邸を気前よく実験台に提供?してくれた

戎谷部長の新築現場へと運んでいきました。

IMG_3637

 

どうにか形になりつつあるDEFの壁土づくり。

 

それもこれも、多大な協力をしていただいている、

本業は造園屋さんのアートランドの赤尾さんご一家のおかげ。

 

土練り用のプールの施工から壁土づくりまで、何でも笑顔でこなしてしまう、

そんな懐の広さに頭が上がりません。造園屋さんってすごい。

IMG_3656

 

「すみません、専門外の仕事ばかりやってもらって、、、

本業はお庭屋さんなのに。。。ありがとうございます。。」

 

と申し訳なさそうに感謝の想いを告げると、

 

『いいよいいよ!誰かがやんなきゃいけないでしょ!

残して行こうよ!この国の文化をさ!』

 

と、なんともうれしい言葉をいただきました。

 

ーーー

 

正直、僕個人として、DEFで土を自社生産することに、

どこまで意義があるのだろうと、考えなかったわけではありません。

 

ゼロから物事を始めるには大きな労力が必要です。

当然大きなコストもかかります。

今までどおり、小坂商会さんで壁土を作ってもらう方よっぽど楽かもしれません。

 

それでも、今回の壁土づくりから、

そして赤尾さんの言葉から、

何か大切なものが見えてきそうな気がします。

IMG_3641

できたものをただ与えられるのではなく、

自らの頭で考え、手足を動かし、生み出してみる。

 

そこにはいろんな試行錯誤があって、いろんな人との協力がありました。

多くの発見と、それに携わった人たちとの想いの共有がありました。

IMG_3646

土と藁と水を混ぜる。それを家の壁にする。

ただそれだけの小さな取り組み。

 

そんな小さな取り組みに多くの人を巻き込んで、

大きな一歩にしていけたのなら、何か特別な意義があるのかもしれませんね。

 

軌道に乗るまでまだまだこれからな壁土づくりですが、がんばっていきたいです。

工事部の漆戸航でした。

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

デフの原点となった
土に還る家

循環の家 上田
長野県上田市