施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

-うるしどくんのべと修行-

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

こんにちは。

八ヶ岳営業所の、チカです。

 

今朝、車のフロントガラスが凍りついていました。

もうそんな季節なんだなあー。

秋も深まり、冬の気配がするこのごろです。

昨日は広報の皆で、どこもかしこも、りんごが鈴なりになっている長野市へ、

アトリエDEFのお家に使われる、土壁の見学に行ってきました。

 

DSC_0001s-

 

お邪魔したのは土壁日記でおなじみ、うるしどさんが修行中の「小坂商会」さんです。

DEFのお家の土壁用の土を作っている場所。

わたしを始め、実際に工場へ訪れて土をつくる工程を見るのは、初!というスタッフも多く

とても貴重で興味深い体験でした。

 

IMGP6907s-

 

土壁のこと、使われる素材や作り方、べと屋さんの歴史などなど

じぶんの考えを織り交ぜながら説明するうるしどさん。

するすると出てくる知識に、感心しつつ、驚きつつ。

 

IMGP6923s-

 

 

 

そして、うるしどさんが土を捏ねます。

向かって右側が、20代の頃小坂商会に嫁ぎ、ずっと土を作りづけている、まさこさん。

まさこさんの説明も受けながら、機会が動き始めました。

 

ワラをまぜたり、

 

IMGP6934s-

 

 

スコップで詰まりをとったり。

 

 

IMGP6944s-

 

捏ねるのは機械、ワラや水を調整しながら混ぜるのは、人の手で行います。

機械に頼り切らず、人の感覚を信じるところは、信じている。

とっても大事な事です。

 

最後は、まさこさんの練った土と比較。

「同じくらいなめらか!」

 

IMGP6947s-

 

 

すごーい、土、かっこいい~!と、終始感嘆の声をあげる、DEFガール。

 

DSC_0055s-

 

 

りんごもらったで、お茶にするじゃあ~と、まさこさん。

 

DSC_0058s-

 

お茶をしながら、しばし団欒をしました。

住宅用につくる土壁の出荷は、もうほとんどないこと。

左官屋さんが自ら練っていたベトに変わって、「ベト」屋さんができた経緯。

小坂商会さんのつくるベトで修繕された文化財のこと。。。

すこしだけれど、色んなお話を聞きました。

 

そして、人の大きな繋がりに、気が付きました。

完成したお家が、とても美しく、静かに、誇らしげに佇んでいるのは、

土を作る人、木を切る人、組み立てる人、壁を塗る人・・・

ほかにもたくさんの、優れた人の手がかかっているのを、知っているからなのではないかと思いました。

 

 

とても良い体験をさせてくださった小坂商会さん、ありがとうございました。

 

今回は、頑張っているうるしどさんの写真多めでお送りしてみました。

土壁については、土壁日記で、くわしく分かりやすく知ることができます。

ぜひとも読んでみて下さい。

 

DSC_0029s-

 

「機械のスイッチ入れるのもサマになってきたなぇ。」と、まさこさん。

2人はほんとのおばあちゃんと孫のような、良い雰囲気でした☆

 

=チカ=

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村