施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

出会いは突然。

アトリエDEF
八ヶ岳営業所

 

おはようございます!けろです!

最近朝と夜の寒暖差に体が追いつかない私です。。。笑
しかし、日中は散歩日和だなあと思う日が増えていたり!
そろそろ、天気の良い日に、
お世話になっている車を洗いたいなと思っております。笑

本日は、とある日に久しぶりにある動物との出会いがあったので、
そのことについてお話したいと思います!

某日。
とあるお家に向かう最中。
まだ、山道には雪が残っおり、息も白い。
そんな中、車でぐんぐん登って行っていると、、、、、

 

そこには、

 

 

鹿だああああああああああああああ!!!!!!!

 

はい。鹿と出会いました。笑
珍しい動物ではなく、申し訳ないです汗
八ヶ岳付近では、鹿と遭遇することも多いと思います。
しかし、私はあまり遭遇したことがなく、久しぶりの大きめの哺乳類にわくわく!
すぐに逃げてしまったため、写真が撮れず。。。

今回は、そんな鹿さんについて少しお話したいと思います!

私が出会った牡鹿は3頭でした。
ここで!!!
恒例の動物クイズの時間がやってまいりました!!!!!(え?)

だだんっ!!!
下の写真①~④の中で、私が出会った鹿は、①、②、④(③かも?)の3頭です。
それぞれ何歳の鹿さんでしょうか。
(※絵については手書きのため、ご了承ください。)

 

チクタクチクタク。

 

 

 

正解は、、、、、
1歳と2歳、4歳or4歳以上の3頭の鹿さんでした!

ご存知の方も多いかもしれませんが、
牡鹿の場合、ある程度までの年齢は、角の枝の本数でわかります。
角がまだ生えてない牡鹿は、1歳未満ということです!
①枝のない角1本は、1歳
②枝が1本ある角は、2歳
③枝が2本ある角は、3歳
④枝が3本ある角は、4歳
4歳以上になると、枝は増えず、角が立派になっていきます!!

正確な年齢を調べるときには、歯の年輪をみるらしいです。
(※私も初めて知りました!)

また、鹿の角は、1年に1回生え変わります。
3月頃に1度落ちて、秋の繁殖期に向けて、再び生えていきます!
角の生え変わるときの仕組みなども面白いので、
気になる方はぜひ調べてみてください!!

近年、鹿による森林被害が大きな問題になっています。
幼齢木に関わらず、成林にも被害が拡大しているようです。
冬の時期に食糧難になり、樹皮を食べたり、角をこすったり、、、。
(※写真は鹿の食痕で、樹皮が全て食べられています)

では、鹿がすべて悪いのでしょうか。
今取り上げられている問題だけでなく、”なぜ”このような問題が起こったのか。
”何が”だけではなく、”なぜ”なのか。
まずは知っていくことが大切だなと思っております。
そして、知った上で、何を”選択”するかは自分次第だと。

私も知らないことばかりだなあと痛感する毎日であります。。。

気づいたら、とても長くなってしまいました。。
ご拝読いただきありがとうございました。

以上、けろでした🐸

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村