施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

群馬だより〜手前味噌ですが、今年もやりました!〜

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

きのうは2月14日。

2年まえのこの日は、ここ群馬でも70cmの大雪となったわけですが、

今年はなんと、最高気温20℃を超える予報となっておりました。

 

そんななか、今年も寒仕込みの「お味噌づくり」をBIOSKさんにある

高崎実験棟で開催しました!

前日に大豆をみずに浸しておきまして、当日を迎えました。

 

おはようございます。

朝6時、まだちょっと薄暗い時間から大豆を蒸かしにかかります。

sIMG_0468

2月の朝というのに、空気はぬるいです・・・。

 

かまどに薪をくべて、火力最大!

IMG_0465

 

寸胴なべでじっくりと煮ていきます。

sIMG_0470

気がつくと空も明るくなってきました。

住宅街のど真ん中、2月の朝、けむりがモクモク、朝げの風景にも見えます。

ああ、朝だ。

お客さんがいらっしゃるのは10時。

それまで大豆を煮ながら、お昼ご飯の野菜を切って、

ゆったりとした時間が流れていきます。

 

10時。皆さん集まられて、味噌づくりのはじまりです!

パラパラ雨が降っています。

DSC_0003

 

本日のお味噌の素材は、

お豆=前橋市のこぐれ農園さんの「さといらず」

塩=海の精

麹=前橋市の麹屋與三五郎本舗の米麹

 

味噌づくりは今回がはじめて、という方がほとんど。

かくいう私も、初めての機会です!

味噌づくり講師には、ちぎり絵や音楽活動をはじめ、

群馬の様々な地域で活躍されている千明(ちぎら)先生を迎え、

先生アドバイスのもとワイワイ協力しながら作っていきます。

 

まず塩と麹をまぜていきます。

sDSC_0007

 

朝から煮てやわらかくなった大豆を、昔ながらの

大豆ミキサーに入れて・・

sDSC_0023

ちょっとつまみ食いしてみると、甘いんですこの豆!

「砂糖がいらないほど甘い豆」といわれたことから、

「さといらず」という名がついたそうです。

 

ぐるぐる回していきますと、

DSC_0008

 

おおぉー、ここで歓声が起こりました。

パスタのよう?んーモンブランにも見える~!

DSC_0010

はい、大豆です。

 

皆さん交代でグルグルグル。

僕もやってみたいー、お子さんもお手伝してくれました。

楽しいー!

sDSC_0024

 

味噌づくりは本年すでに3回目?

率先して大豆をかき出す、BIOSK兄弟。

sDSC_0026

 

雨も止んで、晴れてきました。

DSC_0014

 

グッグッと拳でつぶしていきます。

DSC_0029

 

そこに、混ぜておいた麹と塩をいれ、

さらにまぜて、丸めながら空気を抜いていきます。

DSC_0031

 

あたたかい。もう、春のようです。

DSC_0040

 

お父さんと一緒に、僕もまあるくこねこね。

sDSC_0039

 

1歳のお子さんも、さわりたくなったみたいです。

sDSC_0046

お子さんたちはまあるいもの、好きですよねー。

 

まあるくなった味噌ボールを、皆さんそれぞれお持ちになった樽のなかへ、

ボンボン投げ入れていきます。

sDSC_0049

そうして、樽のふちに塩をぬって、ラップをして

仕込み完了です!

これからゆっくりと発酵しながら、1年ほどかけて熟成を待ちます。

普段スーパーで購入する味噌ももちろん美味しくてすぐに食べることが

できますが、こうして地元の見える素材から、自分たちで仕込んで、

でも1年待たないと食べられない今日のお味噌。

夏にもなれば、水あらいしたキュウリにこの味噌をつけたく、

なるのを我慢して、待って待って1年経ってようやく味わえるこの味噌は

きっと格別でしょうね!

sIMG_8843

 

お腹へったー!

仕込みのあとは、皆さんとかまどご飯です。

DSC_0052

味噌汁には、ここでもDEFが2年まえにつくった味噌を使います。

あまくて、コクがある美味しいお味噌になっておりました。

大豆のから揚げもGood!もう食欲がとまりませんよ~。

 

ご参加くださった皆さんと、実験棟のデッキで記念撮影!

皆さんいい笑顔でございます。

sDSC_0056

 

その頃、時をおなじくして、この広い敷地の一画では、

BIOSKの桜井さんがなにやら木をつかって作業をはじめていました。

BIOSKカフェに本棚をつくる!しかも今日中!

ということで、正に日曜大工。

sIMG_8844

おとうちゃーん、僕もやるー!

 

でもおとうちゃん、腹ごしらえしてください。

完成まで持ちませぬぞ。

sDSC_0058

 

そんなふだんの、何気ない日曜の午後。

高崎実験棟がほどよく熱い日差しを遮りながら、

デッキで、庭で、風を感じながらご飯を食べて。

こんな時間がとても楽しくて幸せで、

ここはまさに、街なかのオアシスなのです。

sIMG_8846

 

そうそう、BIOSKさん、

月曜~金曜の週替わりで、お昼のプレートランチもはじめました!

もちろん、この実験棟でも召し上がっていただけます。

ぜひこの場所で、おいしさと心地よさも体感ください!

 

 

みーさん

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

暮らしやすさを追求した
ご家族のための家

循環の家 前橋
群馬県前橋市