施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

八ヶ岳の風~壁土づくり。

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

こんにちは。

八ヶ岳営業所のチカです。

八ヶ岳も雪化粧でよりいっそう美しくなって

とうとう冬がやってきます。

冬のパリっとした冷たい空気が大好きな私は

一日一日、寒くなって行くのを感じて、わくわくしています。

 

さて先日、工事部うるしどさんのブログにもあったように

私たちは自社で土壁用の壁土を生産するために、農家さんをたずねて

無農薬のワラを頂いています。

色々な農家さんをたずねていますが、私が同行させてもらった農家さんのことを

ご紹介したいと思います。

 

11月、よく晴れた日。

長野県長野市、大岡にある「よろこぶつち農園」さんをたずねました。

 

工事部のいいださんが運転するトラックで、山あいの集落を目指します。

山々に囲まれたすこし小高い場所に、よろこぶつち農園さんの田んぼはありました。

 

20151120_2

 

すごくきれいな場所。

 

 

写真 3 (13)

 

藁を一輪車に乗せて運びます。

前日はあいにくの雨。

濡れてすこし重たかったけれど、ご家族が手をかけて大切に育てた稲藁は

なつかしい良い匂いがしました。

 

 

20151120

 

ご家族総出で藁積みを手伝ってくださった、よろこぶつち農園さん。

トラックにこんなに山盛りいっぱい!いいんですか?とお聞きすると

今年は豊作で、田んぼにすきこむにも多すぎるから、ということ。

ありがたく、ありがたく、たくさん頂きました。

 

 

20151120_3

 

よろこぶつち農園さんのお家。

古い民家に手を加えながら暮らしていらっしゃいます。

まわりには同じような、古い家がたくさんありました。

空き家になってしまっている家もあったけれど

まだ住まわれている家の軒には、綺麗な橙色の干し柿と

漬物用の真っ白な大根が、のれんのようにぶら下がっていました。

煙突からもくもく湧いてくるけむり、部屋からもれてくる灯。

田んぼから見える山に沈む夕日、照らされる雲を見て

街灯やお店の灯りもなく自然に暗くなっていく村。

藁を積みながら、一日が終わっていくのをゆっくりと感じました。

 

こんなに素敵な場所で育った稲わらを使い作る家は・・・

なんだか、すごくいい。

人の暖かさも感じられる、土壁の家です。

たくさんの人のご協力をいただき、土壁の家は作られています。

トラックの荷台だけでなく、心まで満たされて、ありがたさを感じた一日でした。

 

 

=チカ=

 

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村