施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

木もれび通信~身近な草花と繋がって暮らす豊かさ

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

こんにちは~群馬の櫻井です。最近、お天気がいい日が続きますね。

台風も接近中ということで~。

久々の雨は、畑や植物の潤いの雨になっていいですね~。

 

さて~新緑が気持ちのいい先日。

御代田町にある住んで5年の「ほとりの家」にお邪魔してきました。

DSC_0147

石垣で高くなった土地の先に、その家はあります。

南面には、池とそこを取りまく木々、草花、鳥、水辺の生き物たち。

 

ウッドロングエコを塗った板張りの平屋。

施工事例の人気も高い「ほとりの家」。

私ははじめての訪問だったので、ワクワクしてこの日を楽しみにしていました~

お家の前は手作りのお庭。木を植えるのも、芝を張るのも自分たちで少しづつ、

手を入れて来られたそうです。

DSC_0099

 

二人分の手頃でちょうどいい広さの畑。

DSC_0098

 

お家の南に広がるお庭の先は、、何があるのでしょう?

何やら、木で出来たゲートのような門が、、ここをくぐぐって。。。。

DSC_0062

 

よいしょっよいしょっ。。。と石段を降りると。

DSC_0005

 

程よい大きさの池がありました。

ほとりには栗の木。秋にはこの栗で渋川煮を楽しまれているそう。

DSC_0002

 

ほとりの周りは歩けるようになっていて、大人の足でゆっくり10分かからないくらいかな。。

あれ、、まだ奥があるみたい。

DSC_0008

 

Aさまに案内されながら、食べれる草花をいくつか教えて頂きました。

DSC_0018

 

池の周りもいくつか、密かにお水が湧いていて、

今が旬のセリやクレソンが撮り放題。(^^)

 

「今はね~野菜があまり取れない時期でしょう。だから、ここでヨモギを摘んで

天ぷらにしたり、ウコギの葉っぱを積んでご飯に混ぜたり、

食べ物には困らないの~」と素敵な日常を離してくださいました。

 

↓これも食べれるんだそうです。

何処にでもある、お馴染み雑草の「ギシギシ」。

新芽が粘々するので、刻んで梅おかかが合うそう。

DSC_0031

 

 

振り返れば、お家は丘の上。

DSC_0016

 

家のすぐ下がこんな豊かな場所だったら、

公園もいらない。たまに、ピクニックしたり、朝夕歩くだけでも

リフレッシュできそうでした。なんか、遠くに来たみたいな、不思議な感覚。

 

実はAさま奥様、森のガイドをされるお仕事。

今は森の中を子供たちと駆け回って、その魅力を伝え続けています。

そんなAさまに、こんな質問をしてみました。

 

「森のお仕事もそうですが、日々自然と繋がって生活される暮らし方は

どこから来ているのですか?」

 

すると、「子供の頃の母が道草が大好きで、散歩しては草花のことを教えてくれたり、

ご飯のおかずとして摘んで帰ったりしてたから~」

 

聞くと、小学校で書いた作文がみんなに騒がれた

微笑ましいエピソードもあったそうです。

「母が食事でヒメジオンをマヨネーズであえたおかずの話を書いたら、

えー!!ってみんなが驚いて。。。それから、それは一般的じゃないんだと知りました。笑」

 

お話を聞いて、そんな子供の頃の日々が

Aさまの今の元になっているんだなーと、とっても納得しました。

私も宮城の田舎で育ち、ばぁちゃんこだったので、

沢山共感できることがあり、童心に戻って池の周りを歩いていました。

DSC_0030

 

さて、お家へ戻りましょう!と池を後にした私たち。

6月はもっと草が生い茂って、今がちょうどいい季節。

そんな時にお邪魔して、ラッキーでしたね~

DSC_0019

 

石垣を登って。。

DSC_0040

 

石垣の棚のような場所にも小さな畑みっけ!

DSC_0050

 

これからも、石垣に月見台を作ったり、畑を増やしたりしたいな~と奥様。

薪小屋や木工系を担当される旦那様も、

「自分たちで、手をいれて何をしてもいい場所があるって幸せだよね~」と優しくニッコリ。

Aさまの家づくりは、この先も終わりがないようでした。

 

さてはて、お家の中の様子はまた今度。。

DSC_0052

 

あ~~~羨ましい~~(> <)

ホントに素敵な、お二人の日々に触れた訪問でした。

 

6月には見学会も、させて頂けます。

詳しくはイベント情報をご覧ください。

 

★なお★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House