施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

みんなで稲刈り@山梨営業所

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

山梨営業所で初挑戦の「みみずくんの田んぼづくり。」

 

先日、無事刈り取りが終わりました~◎

 

IMGP6793

 

山梨県・長野県から、たくさんのご家族にご参加いただき、

手作業でも無事予定通りに終えることができました(^^)

 

IMGP6707

 

IMGP6732

 

IMGP6779

 

IMGP6756

 

IMGP6761

 

子どもたちも、大人顔負けのはたらき。

ときには、虫やカエルを探して一日中田んぼの中で遊んでくれました◎

 

IMGP6762

 

IMGP6718

 

IMGP6719

 

IMGP6733

 

お父さん、お母さんは大忙し。

作業を進めながらも、子どもたちの笑い声に微笑む姿がなんだか素敵でした◎

 

IMGP6781

 

写真 (1)

 

IMGP6785

 

初めて顔を合わせる方も多い中、みんなで協力してはたらく様子が親戚の集まりのようで楽しい(^^)

今度はみんなで新米を食べられたらいいな~◎

 

お手伝いいただいたみなさま、ありがとうございました!!

 

 

みみずくんの田んぼづくり。

 

手で種をまいて

手で苗を植えると

あとはお日さまの下、大地の上で

お米が自分の力で育ってくれました。

 

そうして最後に実りをつける。

おそらくその実りは、自分たちのかけた手間の分だけ、

お米の成長に手を添えてあげられた分を返してくれるのだと思いました◎

 

手作業のシンプルな田んぼ。それは自分の暮らしとつながっている。

 

もし、山梨営業所の日々がとてもfastなものだったら、

お昼に食べるのはコンビニ弁当や外食だらけ、

かまどで炊くお米も必要がないような状態だったら、

それこそ田んぼの作業の暇もなく、収穫する実りも少なかったかもしれない。

 

もし、山梨営業所の日々がとてもslowであったら、

毎日お昼にはかまどごはんを食べて、

かまどで炊くお米のために、

田んぼでの草とりの時間が増えて、収穫する実りはさらに多かったのかも。

 

たぶん、今年の収穫は山梨営業所で普段から食べるのに困らず、

お手伝いいただいたみんな食べて楽しむことができる。そのくらいの量。

 

なんだかうまくできているなあ。笑

 

なんだかよくわからないままに手作業で進めてきた「みみずくんの田んぼづくり。」

こんな暮らしのモノサシのような発見ができてとても楽しい◎

 

 

Kyouhei

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村