施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

最近の出来事。

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

早朝の循環の家。
深呼吸をすると、澄んだ空気が身に染み渡る。
八ヶ岳の冬をいよいよ感じさせるような今朝。
朝からかまどに火をおこして、大根を煮ていました。
水よりも冷たい大根の皮をむき、太めの輪切りにして軒先に吊るしました◎
写真.JPG
本当はもっと寒い時期に仕込む凍み大根ですが、今頃でも出来るのかな?と挑戦してみました(^^)
吊るした軒の下、デッキの上には切り干し大根。
IMG_3395.JPG
畑で採れた大根を千切りにして天日干しです。
晴れ間が続いて3日目。色も飴色に近付き、食べるとほんのり甘くなってきました!
どちらも冬場の保存食。
サラダや煮物にして食べると美味しいです!栄養価も高い食品だそうです!
今日は朝からそんなことをして、さらにあまった大根や人参などの野菜を室につめて保存し、
さらに、循環の家の薪小屋に薪を補充したり、冬を感じる作業でした(^^)
野菜を土の中に保存したり、天日に干したり。
松ぼっくりをや枝を拾って、かまどを炊いたり。
山の木を伐って薪を作って暖をとったり。
こうしてひとつずつ、ひとつずつ作業し暮らしてみると、
自分のこの手が、自然と自分を繋いでくれているのを感じます。
まだまだ知らないことだらけな今は、何か新しいことをするたびにワクワクします◎
いつも通りの日々を送る今日も、日々の小さな変化を楽しむことが出来ました◎
昨日はかまどでご飯を炊きながらいろいろなお客様とお話をしました。
IMG_3401.JPG
おくどさんかい?と声をかけてくれるおじいちゃんやおばあちゃんがいて、
一緒にかまどごはんの話で盛り上がりました。
みんなかまどごはんの炊き方を知っていて、そしてその特別な旨さも知っていました(^^)
もちろん大変さも。
もの珍しいかまど炊きをみて、声をかけてくれる若い方もいました。
火をくべる子どもたちは楽しそうで、火が付くと喜んでくれました!
松ぼっくりが着火剤になること、かまどが土で作れること、
そして焚いた火でご飯がちゃんと炊けるということをみてとても興味をもってくれました(^^)
試食で食べたご飯はみんな美味しいと喜んでくれました!
自然のなかで豊かに暮らすことを知っているおじいちゃんやおばあちゃんがいて、
はじめてこういうものに触れて興味をもってくれる若い方たちがたくさんいるんだなと思いました!
おじいちゃんおばあちゃんから若い人に。
日々動かしているこの手が、豊かさを伝えられるようなそんなきっかけになればいいなあ。
Kyouhei

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村