fbpx

施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

一番身近な資源

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

先日、カラマツチェンバロの記事を書きましたが、

そもそもカラマツって?

~マツ科カラマツ属 落葉針葉樹 日本の固有種~

唐絵(中国の絵画)のマツに形が似ていることが名前の由来だそう

戦後、全国各地で行われた大規模な植林

カラマツは寒冷地で育ちやすく、長野県に沢山植えられました

長野県ではスギよりカラマツの方が育ちやすかったんですね

長野県の人工林の半分以上はカラマツだそうです

そして今、多くのカラマツが伐採期を迎えています

何十年も前に未来の私たちのために植えてくれた資源

大切に使って、また未来のために植えないと

若い木はCO2を沢山吸ってくれるので(スギやヒノキのピークは20歳)

温暖化対策にもなるのです

一番身近な資源を使うというとってもシンプルなこと

いつだってなんだってシンプルが一番いい

デフでは内装床と外壁板にカラマツを使っています

↑カラマツ(循環の家上田 2階)

赤みか強く、木目がはっきりしているのが特徴

ちょっとワイルド、森の中の家にぴったり

針葉樹の中では硬い木

スギ(山梨営業所)

日本の人工林で一番多い木 日本代表スギ

とっても柔らかい 絨毯いらず

柔らかい、つまり空気を多く含んでいるので保温性も高い

↑アカマツ(循環の家上田 1階)

長野ではカラマツ、スギ、ヒノキの次に多いアカマツ

木目は比較的大人しい 赤みも少なく、経年変化で飴色に

硬さはカラマツと同じくらい

 

それぞれ違ってみんな良いのですが、

ぜひ実際に見て、触れて違いを確かめてみてください~

設計室 遠藤

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村