施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

八ヶ岳の風~やさいのおすしお料理教室。

Series

先日の土曜日、循環の家。

 

各地でマクロビお料理教室を開催されている、奥秋浩一先生

による、「やさいのおすし」お料理教室を行いました◎

 

dsc_0022

 

「やさいのおすし」??

お寿司といったら、マグロやエビ、イカにカンパチ・・・

魚介を使わずして、

おすし=ハレの日、みんなが笑顔になるごちそう★になるの~?

 

と、私も最初は懐疑的だったのですが、一目みて、一口食べて、

その美しさと美味しさに魅了されてしまったのは、言うまでも

ございません。

 

imgp1837

 

その、やさいのおすしのシェフである奥秋さんが教えてくれる

お料理教室は、単なる寿司の作り方・・・・ではなく、

野菜という食材とのふれあい方、美味しさを引き出す魔法=

ちょこっとの一手間のこと、

心とからだを労わる食事。を教えて下さるものでした!

 

dsc_0029

ナス=ネタの仕込み。切ったワタの部分はお味噌汁などへ

 

dsc_0070

miさんとエリンギとの対話。

 

dsc_0167

ほんのり初恋色の茗荷は梅酢漬け。

 

dsc_0107

三分づき米、黒酢をベースにした寿司飯づくり。

 

 

四季のある日本で、季節に採れる新鮮な旬の野菜たち。

 

外国からたくさんのエネルギーを使って運んでこなくても、

米があり、野菜があり、もちろん魚や肉だって。

日本には、たくさんの自然の恵みがある。

 

それら食材の持ち味を生かすこと。

愛でること。

たくさんの調味料を使わなくても、素材の美味しさだけで、

みんなが笑顔になる、おいしい食事が作れる。

 

身土不二。

からだと土は、一つ。

その地で生きている私達が、同じようにその地で生きてきた食材

を食べることは、当たり前のこと。同じ土から生まれ、成長する

もの同士、相性がいいのは当然のこと。

そして健康のことだけではなく、近くのものを食す。

ということは、ありがとうの気持ちを育む。

ありがとうの気持ちは、必ず循環する。

 

dsc_0158

 

imgp1805

 

imgp1810

 

imgp1826

 

 

歯を見れば、動物の食性(食物の種類や食べ方についての習性)

がわかるそうです。

 

人間の歯の構成からわかる、人間の食性は、

穀物:野菜:肉=5:2:1。

の割合で食べることだそうです。合わせて、腹八分目。

 

でも、今の人は、おかずを食べすぎていて、砂糖や塩分の

過剰摂取が現代病につながっているじゃないか、

と考えられているそう。

 

 

昨日、お友達の田んぼの稲刈りをお手伝いさせてもらいました。

そのお父さんが話していたこと↓

 

ここ50年くらいで日本人1人の1日当たりのお米消費量は、

茶わん5杯から3杯となっているそうです。

そして食料自給率も80%から40%に低下しています。

 

 

新米の季節。

食欲の秋。

 

まいにちの食を見直してみよう。

食材に感謝して、つくるひとも、たべるひとも、みんながえがお

になれることを願って、ちいさいことからはじめてみよう。

 

imgp1855

 

yosssy

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村