施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

群馬だより~森からはじまる家づくり~ 森と暮らしの関係を知ろう!

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

日本は国土面積の約67%が森林に覆われた、世界有数の森林国です。

 

昭和30年の日本の木材自給率は94%。

それが「燃料の転換」、「戦後の高度経済成長」とともに下降していき、

現在では自給率20%台。木材の7割強が輸入材になっています。

日本の木材需給量

 

このような状況のなか、

アトリエDEFの家づくりは、すべて日本の木を使います。

群馬県では住宅の建築に県産材を使用することで、一定の補助金も出ます。

このような政策は他の地域にもみられ、お施主様もその地域の木を

使った家づくりをされるケースが少しずつ増えています。

 

でもそもそも、

「日本の木を使う」ということにはどんな意味があるのか。

日本の林業、地域の森はいま、どうなっているのか。

ぜひその姿を見ていただきたい。

感じていただきたい。

そして、知っていただきたい。

 

そんな想いから、今回のイベント「森からはじまる家づくり」を

企画させていただきました。

森

この森を管理されている会社さんと、製材屋さんにご協力をいただいての

イベントとなります。

 

先日、その場所となる高崎市倉渕の森へ下見にいってきました。

木もれびの林道を歩きます。

IMG_0576

 

苔むした切り株。

DSC_0219

 

木の赤ちゃんを発見!何の木でしょうか。

DSC_0210

 

健全な森を維持するために必要な間伐。

今回はその間伐の様子(木を倒して、搬出するところ)も生でご覧いただけます。

DSC_0204

 

ひときわ大きな杉の大木。

DSC_0213

この木の樹齢は何年でしょう?

 

空からほどよく光が差し込む森林。

美しい森がそこにはあります。

DSC_0223

そしてこのような美しい森になるのには、

どれほどの年月と、人手がかかっているのでしょうか。

 

山を歩き、森を感じ、森の仕事をされている方のお話を聞きながら、

森のなかでお昼ごはんをたべましょう♪

 

午後からは、下仁田町の製材屋さんへ移動して、

木が製材されて出荷されるまでの様子を見学します!

sDSC_0219

いかに木を余すことなく使い、効率的に製材して、世に送り出していらっしゃるのか。

工夫がすごい、設備もすごい!

こちらも見どころ満載ですよ~!

 

お子様連れの方もぜひ!

きっと木がもっと好きになる。

 

林道に車を停めて、山歩きは10分ほど。

ヘルメットなどはこちらでご用意、安全にご案内いたします。

お申込みはこちらからお願いします→イベント「森からはじまる家づくり」

 

 

 

加えて、

地球規模でみる森林の現状とこれから、については後ほど、

先日おこなわれたDEF安全大会の様子からお伝えします。

驚愕の内容です。

 

 

 

みーさん

 

 

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

暮らしやすさを追求した
ご家族のための家

循環の家 前橋
群馬県前橋市