施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

八ケ岳の風~現場を訪ねて

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

八ヶ岳では久しぶりに霜が降り、氷も張って本格的な寒さとなりました。

初めての八ヶ岳の冬、「急に冷え込みましたねえ」と先輩方に声をかけると、

「ようやく普通の気候にもどったかんじだよ」とのお言葉が・・・

原村の冬は未知数です。

 

 

 

そんな冬の厳しさがまだ感じられなかった昨日の話。

DSC_0001

小淵沢にある現場へ伺いました。

左官屋さんも入って土壁を塗り始めている現場。

完成してからは感じられない、土と藁が発酵した匂いで満ちていました。

 

DSC_0023

 

左官屋さんの仕事ぶりを拝見しながら、いろいろな話をうかがいました。

 

昔は竹を格子状に入れて土を塗るのが一般的だった土壁の家。

DEFでは羊毛断熱材の上に「木ずり」を作って塗っていきます。

補強に入れるワラ、木ずりが横だから縦に入れてやるのが良いのだそう。

 

DSC_0028

 

DSC_0031

 

土壁は、荒壁、大直し、中塗り、漆喰2回と5つも工程を経て見学会で見る壁になるということ。

職人さんごとに土の配合へのこだわりがあって、土や漆喰に砂を混ぜて伸びを調整したりすること。

均一に塗ってしまうと真中がへこんで見えるから、少し厚みを出してあげていること。

 

木と土の境は補強のものを入れたいけど、

DEFの家は天然素材じゃないと入れらんないからな、とおっしゃる職人さん。

 

たくさんの人の力があって、DEFの家はできているんだなあと、実感できた日でした。

 

DSC_0033

 

DSC_0035

 

1時間ほどでキッチンの荒壁塗りが完了!

きれいに道具を片づけて、お昼に向かった職人さんたちでした。

ありがとうございました!

 

DSC_0024

 

 

 

すーさん

 

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村