施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

薪ストーブの魅力

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

てくてく冬号の配布

この冬は大雪の影響もあって、遅れに遅れてしまいましたが…

伊那市をまわって、一万部の配布が先日ようやく完了…。

 

伊那市街は意外にも

ちょっとこだわりのお店があってたのしい。

 

ここは今年開店したばかり

線路沿いの倉庫を改装したお花&アンティーク家具のお店です。

 

SDIM0952s-

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーナーの趣味が色濃くでてますねー。

 

SDIM0953s-

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SDIM0955s-

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古い建物を活かし、古い家具を格好よく見せる…

ちょっとした鉢植えも趣味が良くて、今度は買い物に来たいところ…。

 

 

そしてここは、WHAMという

ヨーロッパブランドの薪ストーブを扱うショールーム

 

SDIM0962s-

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デザインオーディオとして有名なB&O…

そのデザイナーが手掛けた薪ストーブなんですって。

 

SDIM0961s-

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨーロッパもアメリカも、室内に煙突を見せない方が主流。

特に吹抜け空間だと、煙突の存在感は大きいですからね…

インテリアを考えるときは、ぜひ参考にしたいです。

 

SDIM0960s-

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなモダンな薪ストーブを見ていると、いいなぁーいつかは…って

イメージが膨らんでしまいます。

薪ストーブはほんとうに魅力的です!

 

 

 

ちなみに…一般家庭で使われるエネルギーの3分の2は「熱エネルギー」だそう。

暖房、給湯、調理…と考えると納得です。

 

そんななか、欧米諸国は木質燃料をすごく使っています。

エコ先進国といわれる北欧諸国もドイツも、

再生可能エネルギーの75%は木質燃料だと知ったとき、

ほんとうにびっくりでした。

つまり、薪を燃やしているだけなんです。年間何百万トンも…。

あとの25%で、風力や地熱や太陽光をやっているんですね。

 

薪燃料と言えば、なんとなしに遅れているとか牧歌的なイメージがありますが…

実は工業先進国ほど

薪やペレットといった木質燃料の開発が進んでいます。

現代の薪ストーブやペレットストーブは、その究極の形なんですね。

木を燃やせば煙も出るし炭酸ガスも出ますが…

森林整備を進めれば、木が成長することで

薪を燃やした分の二酸化炭素は、また森に還っていきます。

化石燃料を燃やすのと違って炭酸ガスが増えません。

これが「カーボンオフセット」とか「カーボンニュートラル」

といわれているもの。

木はある意味で太陽エネルギーであり、空気清浄機なんですね…。

 

森を管理し、循環させながら…

木の家を建て、

木質燃料を上手に使う…

それに火があると

人はなぜがすごく癒されます…。

自然の循環を活かした、古くて新しいこれからの暮らし…

わたしたちは、まだやり残したことがたくさんあるみたいです。

 

人口ひとりあたりの森林面積がヨーロッパ諸国の数倍!という日本…。

日本の電力の15%は熱エネルギーに使われてしまっていますが、

ほとんど手つかずのこれらの里山が

木材や木質燃料を上手に回せるようになればいいな…と思っています。

 

 

 

さてさて、これは先日「やきそば食べた~い」のリクエストに応えて

焼きそば屋さんになったともえさん。

 

SDIM1016s-

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女を中心に新メンバーで編集した「てくてく春号」は

4月1日発行です。

 

おたのしみにー。

 

井田

 

 

 

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村