施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

ツバル。

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

ニュースごらんになりましたか?
ツバルという南太平洋の島国があります。
今、ツバルは国がなくなってしまうかもしれない危機に瀕しています。ニュースにもなっていますからご存知の方も多いとおもいます。
南太平洋の小さな小さな島国であるツバル。
もともと海抜が低い島だそうですが、ここ数年海面潮位が異常に上昇し国が少しずつ水没しているのです。

原因のひとつに“地球温暖化”による海面上昇があると考えられています。

ツバルについて書かれているホームページもたくさんあります。

ツバルの国民はみな、国外に移住をしなければならないのでしょうか?
ツバルの人たちが生まれ育ち、歴史を刻んできた島は沈んでしまうのでしょうか?
どうして人口1万人に満たない小さな島がこんな悲劇にみまわれてしまったのでしょうか?
ツバルの人たちが自ら好んで島を削っているわけではありませんよね。

京都議定書
議定書で設定された各国の温室効果ガス6種の削減目標。京都議定書第3条では、2008年から2012年までの期間中に、先進国全体の温室効果ガス6種の合計排出量を1990年に比べて少なくとも 5%削減することを目的と定め、続く第4条では、各締約国が二酸化炭素とそれに換算した他5種以下の排出量について、以下の割当量を超えないよう削減することを求めている。

2008年。京都議定書で決められた日本の削減目標は1990年の排出量から-6%です。
しかし今の二酸化炭素の排出量は1990年よりも8%も増えてしまっています。

-6%。の目標。実際は-14%。
今のままではとても大きな削減目標です。
ツバルのような悲劇を繰り返さないためにも
私たちができること、私たちがしなければならないこと。
もう一度考えていかなければならないのではないでしょうか?

チームマイナス6% サイトはこちらから

木もれびのサイト。木もれび日和のなかで
エコロジーな生活の知恵袋もはじまりました。
身近なエコ活動を紹介してます。
こちらもお楽しみに♪

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

暮らしやすさを追求した
ご家族のための家

循環の家 前橋
群馬県前橋市