施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

お宅訪問!

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

土曜日久々にお出かけしてきました伝統構法の家にお宅訪問してきました。

八ヶ岳星を見る会に参加してくださった住まい手さんに「是非一度お宅訪問させてください!」とお願いし、突撃お宅訪問となった訳です。

その時のレポートを少し。
まず玄関をあけて、家にお邪魔するとほっとあったかい。
家全体が“暑い”のではなくほっとするあたたかさ。
暖房を入れているのかと思ってお聞きすると、
薪ストーブだけとの事。
しかも薪ストーブの中は、もうすでに“熾き”の状態。
直前まで火が入っていたわけではなく、昨晩燃やしたのと早朝に薪をいれただけとのこと。
床暖房はもちろん入っていません。
家全体が保温されている感じです。
それがなんとも心地良い暖かさでした。
土壁は熱を逃がさないんですね。もちろん夏は暑さを遮断してくれます。冬暖かく夏涼しいそんな家です。

伝統構法の家、実は私は二度目。完成見学会のときに
駆け足で見させていただいたのが最後だったので、
ゆっくり見せていただくのははじめてで、
住まい手さんに説明してもらいながらじっくり伝統構法の家を見せていただきました。

スペースを有効利用した“中二階”と基礎部分
山林舎さんの薪ストーブ、手焼きの藤岡瓦。
お風呂。洗面。リビング。などなど
至るところに工夫とこだわりが!ちりばめられていました!!

住まい手さんの話を聞き、実際に見て触れることができてほんとうに幸せでした。
もっとうれしかったのは、住まい手さんが“家”を大好きでいてくれたこと!
施工事例には載せきれていない家の魅力がたくさん!
本当に楽しい、ためになるお宅訪問でした。
住まい手さん本当にありがとうございました!

追伸
薪ストーブの薪作りの話。
薪作りは危険も伴うことをきちんと説明した方がいい。
と、いう話になりました。

薪を作るとき、手斧を使ったり、チェーンソーを使ったり
薪割機を使ったりと方法は色々ですがどれも刃物を使う作業。
注意しなければ目に木っ端が入ってしまったり、ケガをしてしまう事も・・・。
薪作りでも何の作業でも同じですが、
きちんと安全面を確認して慎重に作業をしましょう。
★住まい手さんはきちんと安全対策をとっていらっしゃいました。
以上、伝統構法の家住まい手さんからのアドバイスでした。

伝統構法の家は最新号チルチンびと41号に登場しています♪

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村