施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

てくてくと~中川村 古民家 七代さん~

Series

いつものように、「てくてく」とアトリエDEFのちいさなパンフレットを携えて
心に残る出会いを求めて出かけた先は。
八ヶ岳・原村から車で1時間半。信州 中川村にある、古民家「七代」さん。

201612_DM38916
七代さんは、お味噌作りや竹細工、七輪での食事など、昔はこの地域にあって
繰り返し営まれていた「当たり前のくらし」を宿泊しながら体験できる場所。

先日、「てくてく」をお届けに天竜川水域を北上していた私。
中川村にある自然食品屋「たろう屋」さんで出会ったお客さんから
「ぜひ行ってみてほしいところがあるのよ!」と、ご縁を頼りに向かった先。

築160年の本棟造りという形式で、長野県の中でも、中・南信地方にのみ残る、
今では貴重な古民家。七代さんの女店主 米山永子さんに、お会いしました!

R0018802

私のような珍客にも、優しく出迎えてくれた米山さん。
160年前、七世代前にこの家を築いたご先祖様のこと、お家のこと、ここに昔からある残していきたい暮らしのこと、人と人とのつながりのこと。大事にしている宝箱の中身をひとつずつ愛でるように、お話して下さいました。

R0018800
深い軒下、外土間に野菜用の出荷かごの上。
ガーゼの下に眠っていたのは、黄金色に輝く、干し芋ちゃんたち◎
おすそ分けして頂いたのですがとっても、とっても美味しかった~!
今シーズンは、私も畑で芋づくりからチャレンジしたいと思います^^

R0018784かわいい建具。ガラス。縁側。

R0018782凍み大根。軒先に干してあったのを取りこんだところ。
大根を茹でて、真冬の寒空の下、凍らせて保存食にしたもの。
お味噌汁や煮物に入れると出汁要らずの美味しさなんだとか! これも試してみたい~^^

R0018799ビンに詰められた梅干、豆などの保存食。竹ザル、かごなど。
宿泊のお客様とは、一緒にキッチンに立ってお料理をするそうです。

「何が、豊かさなのか。」
米山さんが伝えたいことは、単なる味噌作りや竹細工の手順とか、古民家のかっこよさだけじゃないんだな、と思いました。人が土の上に立ち、家族や地域の人や友人と、これから先もずっと先も、まだ見ぬ子供たちも、健やかに笑顔で生きていくために、本質的に大切なこと。
そんなことを、みんなで気づいて、分かち合いたいんじゃないかなとか。

循環の家も、そうでありたいな、と気持ちを新たにした一日でした。

yosssy

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村