施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

群馬だより〜甘楽郡にて地鎮祭

Series

おはようございます。こんにちは。こんばんは。

木と土の家の住人、キノです。

 

昨日、関東営業所のある前橋市富士見町では雪が降りました。

img_0931

 

そのため今日(9日)の天気を心配していましたが、朝には雨も上がってくれました。いやぁ、日頃の行いが(以下略)

 

ここ甘楽郡は、世界遺産となった富岡製糸場や下仁田のこんにゃくパークの目と鼻の先。群馬サファリパークも遠くないですね。

 

そんな看板を横目にしながら現地に到着。

四季によって変わる山の姿を見ながら暮らせる素敵なお土地。

dsc_0751

 

本日はこの場所で地鎮祭。

 

地鎮祭は「とこしずめの(み)まつり」と呼びます。

 

とこ=床、ですね。地面。

しずめは、そのまま「鎮め」。

 

いっぽうで「祭=(み)まつり」は、読むままではお祭りですが、この土地を使わせてもらうお許しを氏神様からもらうきちんとした儀式です。

 

さて、準備が整いましたので、只今より執り行わさせていただきます。

dsc_0689

 

■修祓(しゅばつ)

頭を下げて参列者、そしてお供え物のお清め

dsc_0696

 

■降神の儀(こうしんのぎ)

神様の降臨を迎え入れます。

dsc_0697

 

■献饌(けんせん)

神様にお供え物を食べてもらいます。

 

■祝詞奏上(のりとそうじょう)

工事の安全をお祈り。

 

■そして、地鎮。

まずは刈初の儀(かりそめのぎ)。珍しく本物の鎌です。

dsc_0700

ザクっ!

dsc_0701

 

続いて、鍬入れの儀(くわいれのぎ)。

工事を担当する漆戸くん。「えい!えい!えい!!」

dsc_0703

 

■四方祓(しほうばらい)

家の四隅をお清めします。

dsc_0707

そりゃ〜!(とは言ってません)

dsc_0713

 

■玉串奉奠(たまぐしほうてん)

榊を祭壇に捧げます。

dsc_0715

dsc_0718

dsc_0724

dsc_0726

dsc_0728

dsc_0733

dsc_0736

 

■昇神

天に神様が昇り、お帰りになります。

 

■神酒拝戴(しんしゅはいたい)

お神酒(おみき)で乾杯。所長の近藤さんから挨拶をさせてもらいました。

dsc_0737

 

最後にお施主のK様にご挨拶をいただき、記念撮影をして無事閉幕。

dsc_0742

dsc_0748

 

DEFに問い合わせをしてからちょうど1年での地鎮祭と、K様ははっきりと覚えていてくださいました。竣工までまたしばらくお時間を頂戴することになりますが、責任を持ち、しっかりと丁寧に完成させます!

K様、この度は誠におめでとうございます!

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

暮らしやすさを追求した
ご家族のための家

循環の家 前橋
群馬県前橋市