施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

DEFのオリジナルキッチン

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

ああ、食欲の秋。

設計の方が喜びそうな時期ですねえ。

その喜びを支えるところ、そうキッチン。

 

defのお家にはすべてオリジナルの木のキッチンがはいっています。

循環の家は山桜です*

 

img_0757

 

このキッチンを作ってくださっているのが、

有賀建具さんです。

先日、全社でお話を伺いました!

 

img_0732

 

有賀さんは日本の木を使うことにこだわっています。

私たちのまわりにはたくさんの木があって、

どんな木でも考え方しだいで使えちゃうのに

わざわざ遠くから持ってこなくてもいいと考えるから。

 

建具に使うには、木を乾燥させなければなりません。

有賀さんは天然乾燥。製材した木を重ねて乾燥させます。

若い木から下に順にかさねて、重みでまがったり、ねじれたりするのを防ぎます。

樹種によって乾かす年数を3~5年で変え、

手間暇かかった材ができあがります。

 

雨にもぬれるからこんな色になります。

img_0742

 

ところがちょっと削るだけできれいな木の色が!

img_0741

 

雨ざらしでも木は腐らず。

土に触れると腐るそうですが、それ以外ではなかなか腐らないんですって!

 

仕入はチップ工場や原木市場、山で木を切っている人

その他いろんなところから。

日本の木といえば高価な気がしますが

外国材より価格が高いかというと、そんなことはないんですよと有賀さん。

(defのキッチンも思っているより高くないかもですよ)

 

良い木も悪い木もない、考え方次第で使えるようになる。

そんな考え方がとても素敵でした。

 

defが木のキッチンを入れられるのは有賀さんと出会えたから、

かけがえのない出会いに感謝です。

 

お話をきいて、また料理をする楽しみが増しました◎

食欲の秋、準備万端でいきます。

 

 

みなみん~あしたは稲かり

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

デフの原点となった
土に還る家

循環の家 上田
長野県上田市