施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

八ヶ岳の風~秋です。お蕎麦を収穫しました!

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

10月11日(日)DEF八ヶ岳農場で、みんなでお蕎麦畑の刈取り

をしました!

 

DSC_0046

 

この日は朝から生憎の雨…。

最近、自覚&受け入れつつある、私の強靭な天気運(降らせるほうの)

のせいか…

 

しかし、逆らえないのが自然というもの◎。

気を取り直して、予定を変更し、とりあえず、循環の家でみんなで

かまどごはんを食べるところからはじまりました(笑)

 

IMGP9009

 

蕎麦刈りに参加してくれた20名さま分のごはん。

おにぎりだから多め。その量20合!

2升炊きの羽釜いっぱいに、美味しいごはんが炊きあがりました。

こんな量が一気に炊けてしまう、かまど。

その懐の深さ、天晴です◎

 

IMGP9022

 

IMGP9040

 

おなかを満たした頃、雨も上がったので、午後からいざ畑へ!

 

広いおそばの畑。

ひとりずつ鎌をもって、手刈りが始まりました。

 

DSC_0027

 

八ヶ岳営業所に来てくれた新人ちゃん!すーちゃんも。

 

DSC_0034

 

機械を使って、バラ蒔きするのが一般的なお蕎麦畑ですが、

この畑では、うねをたてて、みんなで直線上に手蒔き(すじ蒔き)

をしています。

 

「一直線に進んでいけるから、刈りやすいね◎ 」

 

時間も手間もかかるけど、手で刈るには、やっぱり手蒔きなんだな~、

とわかった瞬間。

 

DSC_0030

 

刈ったら、次は、シマダテ。

お蕎麦を何本かにまとめて、ティピのように重ねて作ります。

こうすることで、乾かして蕎麦の実を落としやすくするのと同時に、

蕎麦の実をさらに熟成させます。

 

DSC_0048

 

 

これが、蕎麦の実。白い花が枯れて実を付け、刈時になると黒くなります。

この黒くて固い皮の中に、白い実があり、それを粉末化したのがそば粉です。

 

DSC_0073

 

おやつに、昨年収穫したそば粉でつくった、そば団子!

 

DSC_0039

 

 

「そばがこうやって育っていることを知らなかった!」

 

参加してくれたお客さまが、そんなことを話してくれました。

 

野菜でも、蕎麦でも、食卓に上がる食べ物の生い立ちを知ると、

その食べ物に愛情がわきます。

太陽とか雨とか土との繋がりを感じます。

ありがたいとも思うし、もっと美味しく食べたいとも

思うようになりました。

 

最後に記念写真。

 

シマダテに隠れて、はい、ポーズ!

 

DSC_0072

 

ご参加いただいたみなさまのおかげで、今年も無事に収穫、

完了◎ありがとうございました!

 

yosssy

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村