施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

群馬だより~里山にて想う

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

先日、BIOSKの桜井さんに誘われて、

高崎市箕郷地区にいってきました。

高崎の箕郷は、全国有数の梅の産地で知られている地域ですが、

梅農家の梅子さんの竹林で倒れた原木を薪として頂戴すべく、

やってきました。

IMG_0152

現場に着くと、すでに玉切りしていただいておりました。

竹林のなか、竹の葉が風でさらさらと音をならしています。

竹林から玉切りされた原木をトラックまで搬出するルートは、

こちらの小径。

竹林のトンネルを、落ち葉の1本トレイルが一筋とおっております。

IMG_0153

個人的に、この手の道を「シングルトラック」と

呼ばせていただきます。

私、シングルトラックが大好物なんです。

こういう里山のふかふかした道を歩いたり、マウンテンバイクで

走らせてもらうのが好きです。

もちろん、ハイカーの方がいれば降車してお待ちし、トレイルを

削らないように、タイヤをロックせずに丁寧に走ります。

こういう小径は、むかし地域の方々が炭焼きなどで山から木や竹を

切り出して運搬していたりした古道であることが多いです。

 

きれいなバンクです。

こんなに気持ち良い場所が、関東の郊外の、のどかな里山には

まだまだ沢山のこっています。

IMG_0154

このトレイルを、玉切り原木をコロコロ転がして搬出し、

トラックに満載となりました!

IMG_0155

 

薪ストーブに必要な薪、こうして地域の農家さんや山の地主さん達と

お知り合いになって、一緒に里山に入って歩いてみたり、整備したり。

そうしていくなかで、このような資源をいただけることができれば、

お互いにとって良いことですよね!

 

一方で、群馬でもそうですし、全国的な問題にもなっているのが、

竹林の増加です。

国内では放置されている竹林が年々増加しており、衛星画像を踏まえた解析では

全森林面積の1割に及ぶと言われています。また竹は成長速度が速いため、

隣接する森林や宅地を侵食するなど、環境問題となりつつあります。

 

竹をチップ状にして、ペレットのように固形化して燃料として使う取組みも

一部であるようです。

日本の里山の竹問題、エネルギーのあり方を考えるなかで、活かせる道が

出てくるとおもしろいなーと思いました。

 

力仕事のあとは、梅子さんのおいしい梅ジュースと、

BIOSKさんの特製ベジタブルサンドをいただきました(^_-)

DSC_0310

どちらもはまってしまう美味しさです!

 

 

 

みーさん

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

暮らしやすさを追求した
ご家族のための家

循環の家 前橋
群馬県前橋市