施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

富士見町の現場から。 ~土壁塗り~

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

先日、富士見町の現場で子どもたちを交えて土壁を塗りました。

この現場で使っている土は、東御市の土場でつくったものです。

詳しくは工事部の漆戸さんの昨日のブログより。

 

IMG_2032

ロフト部分の壁を塗っていきます。

大部分は左官屋さんが塗り、子どもの手の届く範囲を残してくれました。

床や柱の養生を入念に…。

 

IMG_2045

午前中は土場で土を練りました。

左官屋さんからだま(土の塊)が多いと言われていたので、足で踏んでだまを崩していきます。

喜んで土に入る子がいれば、嫌がって土に近寄らない子もいました。

長靴を履いてだまを崩していたお母さん方は、足がなかなか抜けなくて大変そうでした。

その点、はだしの子どもたちは土のなかで走り回っていました。

私も実際にはだしで入ってみましたが、意外と動けるものです。

土の感触はとても気持ちよかったです。

 

IMG_2049

足を洗おうとホースで水を出すと、土はそっちのけで水遊びに夢中になる子どもたちでした…。

 

IMG_2054

お昼をはさんで午後は土壁塗り(荒壁土)です。

初めは土を手で丸めて壁に塗りつけていきましたが、土を盛る板を使ってみたり、コテを使ってみたりと、

各々が好きなやり方で塗っていきます。

中には、職人みたく黙々と土を塗る子もいて、左官屋さんから手ほどきまで受けていました。

今から将来が楽しみです。

 

IMG_2034

ある程度塗り終わったところで、左官屋さんが仕上げをしてくれました。

とんぼと言って、はく離を抑えるためのひもを入れていきます。

 

IMG_2073

今日の様子。

土壁を乾かしています。

充分に乾かした後、中塗り土を塗っていきます。

 

 

いいだ

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村