施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

群馬だより~墨だしのお手伝い その2

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

前回はステコンの上に墨だしをして、これから基礎が立ち上がってくるよ~

なんてところでした。

 

今回はちょっと先を行く、伊勢崎の現場のお手伝い。

 

すでに基礎が立ち上がっていました!

 

写真 1

 

 

立ち上がった部分には金物がいくつも飛び出ています。

そう。これで基礎の上に乗っかってくる土台を留めておきます。

ちゃんと構造の計算をして、決まった金物。短いのや、長いもの。

さまざまです。

 

 

写真 4

 

 

ほら。

ちゃんと水道につながっている配管の通り道も確保されています。

 

この穴にパイプを通します。

そのパイプを通って水の水はお家のなかのキッチンやお風呂に供給されています。

 

 

今日は何しに来たの~?

 

宮沢監督は何やら真剣・・・

 

写真 2 (1)

 

難しそうな機械を据えています。

 

写真 1 (1)

 

あ~。うん。よし。

これでOK!

 

この機械は角度を見るための機械。

直角を測っています。

 

今日はこれからこのすみに合わせて直角の線を基礎の上に引くのです。

その線に合わせて、大工さんが土台を敷きます。

 

写真 5 (1)

 

こんな感じ。

 

これが土台の外側の線。

これに合わせて土台が敷かれてきます。

とっても重要な線。

重要な任務!

 

今回は怒られず、笑われず、任務終了です!

 

これであとは大工さんが継ぎ目を加工した土台を持ってきて敷く。

その後柱、梁、そして最後は棟を組み立てる。

「建て方」といいます。

 

この建て方、一日中そばで見てても飽きません(実際に飽きませんでした。)

上手に柱が、梁が、そして他の部材が、目の前で組みあがっていくのは、感無量!

 

棟まで組みあがると上棟です。

そう、よくブログに上がっている上棟式の風景はまさにその上棟の時。

 

このお家も間もなく上棟かな??

 

ちょくちょくトラックに乗せてもらって見に行こうと思います!

 

この現場の近くにあったオシャレカフェがなくなってしまって残念な新井でした!

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

暮らしやすさを追求した
ご家族のための家

循環の家 前橋
群馬県前橋市