施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

土かまどでご飯を炊く、の巻@東京・青山

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

ここは、東京都渋谷区神宮前。通称、青山。国連大学前広場。

 

カーン、カーン!!とビルに反響する、都会には似つかわしくない音。

 

音の正体は、手斧で木端を割る、前橋営業所の所長。

背景の、生垣が、森の木に見えてくる・・w

 

DSC_0101

 

11月1・2日、毎月出店させて頂いてた

青山ファーマーズマーケットの会場で、土かまどで

ご飯を炊くワークショップを行いました!

 

DSC_0109

 

循環の家の周辺で拾って、持ってきた、まつぼっくり。

「あー、これ、家の近くの公園にもあるよ!」

DSC_0125

 

火吹き竹で、風を送ります。

「煙が目に染みる~!」

DSC_0135

 

気が付いたら、観客がたくさん・・・笑。

DSC_0144

 

 

電気やガスがあれば、木を燃やしたり、息を吹きかけたり、

目がしみても火から離れずに向き合わったりしなくても、

ごはんは炊けちゃいます。

 

便利なもの・ことを否定するのではなく、その価値を知りながらも、

今日という日は、それをいったん脇に置いて、

わざわざ、わざわざ、手間のかかることをしてみる。

自分の手をからだを、動かして、火を見つめてみる。

 

毎日じゃなくてもいいから、自分の暮らしの一部分に、そんな

「わざわざ」があると、たのしいし、心の奥が満たされるような

そんな気がする今日この頃です。

 

DSC_0149

 

ふたを開けたら、ぷわ~~ん、と白い湯気と甘い香り。

一同、うわー!!と歓声。

 

「ごはん、おいしい!!」

「お米を食べるのって、大変なんだね…。」

「火の近くって、あったかいね。」

「火もつけられないなんて、悔しい!」

「かまどほしい!」

 

2日間、総勢60名近くの方にお集まりいただきました。

たくさんの笑顔に囲まれて、都会なんだけど、なんだかここだけ

小さな森のキャンプ場みたいな雰囲気でした。

ご参加いただいたみなさま、協力いただいたファーマーズ

マーケットのスタッフさん、お米を提供いただいた農家さん。

ありがとうございました!

 

~~~~~~~~~~~~~~~

 

東京より帰ってきて、再び繰り返される、原村 循環の家の暮らし。

今日は、東京から長野へ移住されたお客様がご見学に。

一緒にかまどごはんを炊いて、みんなでご飯を食べました。

 

写真 2 (3)

写真 3 (2)

 

 

東京で一緒にかまどごはんを炊いてくれた方々に、

今度は、大きな木のそばで、小枝や落ち葉を拾って、

もっと大きなお釜で、空高く上がる煙をみながら、

かまどごはんを炊いてもらいたいなあ。

 

そんなことを思いながら、ごはんをいただきました。

 

 

DSC_0176

 

yossy

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村