施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

土壁研究 -ぼくのべと修行 1ページ目-はじめに

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

こんばんは。

工事部の漆戸航です。

10/1より、八ヶ岳より長野市へやってきました。

 

目的は、、、、、、

そう、壁土づくりの研究です。

 

IMG_1416

DEFが提案する古くて新しいこれからの暮らし。
それらの器となる現代版土壁の家。

そしてその礎である、「壁土」。

 

これまでずっと土壁を使った家づくりを推し進めてきたDEFですが、
その最終章に向けて、土づくりの探求が進みます。

 

このたび僕は、長野市のべと屋さん「小坂商会」さんに2か月間ほど、
弟子入りすることと相成りました。

 

長野県に2件しかないという土壁用の土屋さん。

そのうちの小坂商会さんは70代の社長と奥様、妹さんで切り盛りされています。

 

左官屋さんたちからの信頼の厚い小坂商会さんの「べと」(中部地方の土の方言。この辺では特に壁土を指して使う職人さんが多いです。)

この小坂商会さんのべとを求めて、県内外から訪ねてこられる方も多いようです。

 

IMG_1417

 

そんなところで土壁づくりを学んでくるなんて、なかなか大役だとビビッております。
これまで、DEFでは土壁の家づくりに向けて、多くの力を注いできました。
それはもう、僕が入社するよりずっと前からみたいです。

 

アトリエDEF通信の左側中ほどの検索欄に、

「土壁」「べと」「小坂商会」なんてキーワードを入れるとその様子が見てとれます。
(それをつらつら眺めてたからブログの更新が遅れました、なんて言い訳はいたしません。)

 

多くの先輩社員さんたちが尽力してきた土壁づくり。

それらが引き継がれてきたために、今があるのだと思うと、一層身が引き締まります。

決して無駄にはしたくない。
土壁という文化を継続させる。

そんな一面としてとらえると、それはもうDEFのためだけではないのかもしれません。

……なんて気負わずに、適度にがんばれたらなと思います。。。笑

日記のタイトルの副題はO様邸のH君の夏休みの自由研究にあやかりました。
小学二年生にして、壁土の研究に着手されたH氏。
全く頭が上がりません。。

 

きっとそこには純粋な好奇心があったのでしょう。
考えてみて、調べてみて、やってみる。

それが楽しくて楽しくて仕方がなかったのでしょう。

頭の中で終わらないで、自分で体を動かしてやってみる。

なんと素晴らしい研究者でしょうか。

将来が楽しみですね。

 

そんなHくんを見習って、土壁研究、気負わず楽しく実践的に頑張りたいです。

一応肩書きだけは学術修士な、工事部の漆戸航でした。

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

暮らしやすさを追求した
ご家族のための家

循環の家 前橋
群馬県前橋市