fbpx

施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

群馬だより〜冬の山遊び-つるのかごあみに挑戦-

Series
さわみ
関東営業所

こんにちは。
12月の上旬におやすみをいただいて
群馬県高山村にある”カエルトープ”さん主催の
木にくるくると絡まっている”つる”を取ってつくる
冬の山あそび「かごあみのワークショップ」に行ってきました!

日本の森には、人工林と天然林の二種類があります。
天然林は、自然が森の管理をしますが、
人工林は、人が苗木を植えて、育てた森林のことです。管理しやすいように
同じ種類の木だけが植えられていることが多く、人がずっと管理しなければなりません。

今回行った山も人工林ですが、ここの山はいろいろな木が生えていました。
木の周りに絡まっているつるを1本ずつていねいに
木から絡みとっていきます。

枝から、木へ
そして土の中まで伝っています。              ↑↑↑これです↑↑↑

どんどん辿っていくと、新たに太い”つる”が!!
広い範囲にひとつの”つる”がこんなにも元気に伸びているなんで知りませんでした。

細い緑色の”つる”から、太い茶色の”つる”までたくさん!

次は、青空作業場へ戻って、早速かごあみワークショップの始まりです。

たくさんのつるの中から、自分の編みたい太さを選んで
編み編み

節のある”つる”もそれが自然と味になって良いそうです。

今回は、野菜を入れるかごが欲しかったので
大きめのものをつくってみました。

他にも、コースターや花瓶、お盆や入れ物まで
柔らかさのある”つる”だから変幻自在に色んなものが作れちゃいます。

森林の整備のしていると、木に絡まるやっかいなやつ。と思っていましたが、
新しい形で使う道があり、木も元気になって
なんだかとっても楽しいワークショップでした。

さわみ

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

暮らしやすさを追求した
ご家族のための家

循環の家 前橋
群馬県前橋市