施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

家づくりはじめの六十歩(冬の終わり、次の冬に向けて

Series
ハヤシ
上田本社

・・・なにこのタイトルのブログ?という方、多いと思います。
はい、DEFの家のオーナーでもある私が(実は結構スタッフの中に家を建てた人間
多いんですよ〜)
実際の暮らしの様子を伝える連載、たまーに更新してますのでお付き合いください(^_^)

さて、長野県の厳しい冬を快適にし一年で一番楽しい季節にしてくれた薪ストーブ。
まだ寒い朝にはつけていますがそろそろ、今シーズンも終わりを感じてきました。

さて、そうなると次は・・・

次のシーズンの薪作り!!
はい、田舎暮らし、薪ストーブ暮らしは忙しいんですよ (^▽^)/
長い木で入手した丸太をまずは玉切り=使うサイズに切っていきます。
(ちなみにこの丸太、もらいものです)

今日は作業二日目。
すでにだいぶ切りました。あと半分・・・

愛用のマイチェーンソーを駆使して玉切りします。

今日も朝から午後までやって全部切れました (^▽^)/
次の休みはこれの玉切りです。

・・・実は、去年玉切りしただけで残っている分が・・・
あと他に、最初写真と同じくらいの量、人からのいただきもので
玉切りが転がっています。

基本的には斧で割っていきます。
休み三日くらい使うかな〜

・・・以上、読んでいただいて、うわ、薪ストーブ大変!と思われた方もいると
思います。
いわゆる普通の暖房なら電源入れるだけ、あるいは灯油買ってきて、ガスで、
いずれもボタン一つですよね。

でもね。
これ、負け惜しみでもなんでもなくて、自分の体使って時間使って薪をつくっていくの、
すごく楽しいんですよ(^_^)
それ自体いい運動だし、頑張った分次の冬が暖かく過ごせる。
現代の生活で自分の頑張りが目に見える形で何かの成果になるって意外に少ないと
思うんです。
それが、こうやって積み重ねることで目に見える形でかえってくる。
これって最高のご褒美じゃないかと思います!
薪ストーブの暖かさと炎のきれいさは最高ですしね(・∀・)

そんな訳で、春になると体が引き締まってくるハヤシでした♩

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House