施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

山梨だより~ちいさな木の家と、カレー。

チカ
山梨営業所

こんにちは、山梨営業所のチカです。

実は昨日、あの「めでる家」に、はじめてお邪魔してまいりました。オーナーのYさんご家族とは何度もお会いしたことがあったし、何度もお家の前を通りがかっていたのですが・・・お家を見せていただくのははじめて。

わ~、ほんものだあ。と、わくわく。到着するとちょうど、ご主人が屋根に白いタープを貼っていらっしゃるところでした。この日、外気温は30度以上になっていたと思うのですが、お家の中はとっても涼しく快適でした。

緑が青々したお庭を散歩していると、カエルくんものんびり。よく見ると頭に小石がのっています(カエル好きの私としては堪らないかわいさ)。隣家との距離もそれなりに近いけれどお庭に緑もたくさんあって、ここだけが切り取られたような、のんびりした素敵な空間です。

 

「カレーつくったから、食べていってね」お庭やお家を見せていただいてると、ご主人が声をかけてくださいました。

 

おいしそう!Yさんのつくるスパイスカレー、おいしいと噂を聞き続けてきましたが、とうとうこの日がやってきました。うれしい・・・。お庭で育ったパクチーを、奥様が摘んできてくださったことも素敵・・・。

たくさんのスパイス、色も綺麗でした。Yさんのカレーの味付けは、塩だけだそう。スパイスにも味があるわけではなくて、あくまで「出汁」のようなもの。鰹や昆布、椎茸など、出汁を使い分けるのと同じように、スパイスも種類や量を使い分けるのだといいます。カレーのおいしさを担うのは、トマトや、たまねぎ、にんにく、生姜と季節の野菜など、素材の味。調味料の味付けじゃ、ないんだなあ。いただいてみると、塩だけとおもえない味わい。「スパイスは出汁」の言葉の意味がわかります。出汁かあ~。そう言われるとスパイスカレーって、なんだかとっても丁寧な、繊細なものなのかも。Yさんのカレー哲学、暮らしぶりと通ずるものがありそうですね。

・・・実はそんなYさんのスパイスカレーの作り方を、山梨営業所で教えてもらうことができますよ。かまどでつくる、アウトドアスパイスカレーです。

■7月15日 10:00~ 材料の関係があり、予約制です。そのほか詳細は、こちらをご覧下さい。

当日は、「循環学校」の小島先生もおりますよ。家づくりや移住の素朴な疑問や、不安もお話いただけます。もちろん、北杜市に移住されて3年になるYさんのお話も。カレーつくりながら、食べながら、のんびりお話しましょう~。ご予約お待ちしております。

皆でおじゃましてました。Yさん、いつもありがとうございます。

 

=チカ=

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家
長野県原村