施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

山梨だより~ミニかまどづくりの日。

チカ
山梨営業所

こんにちは、山梨営業所のチカです。

お天気はすっきりしないけど、涼しくて過ごしやすくて、これはこれでいいね!の日曜日。山梨営業所ではミニかまどづくりを開催しました。

涼しいけど雨が来ないうちに、さっとはじめましょうか!

まずは土壁の土で作っておいた日干し煉瓦を、レンガカッターで切ります。こどもたちにはちょっと時間がかかるけど、あきらめない!シャカシャカと頑張って、かまどの形をつくるパーツができあがりました。

かまどの形を組み上げたら、ここからが楽しいところ。左官屋さんと同じ「コテ」を使って、土塗りをします。さあ、ぺたぺた~。

素手で塗りつけてもOK!自由にやってみよう。こっちでもぺたぺた~。

作業は順調にすすみ・・・さあ、自分たちのミニかまど完成しました。完成作品はとってもかわいいので、最後のお楽しみに!

さて、次は今度はミニかまどでご飯を炊く練習をしましょう。といっても今日つくったミニかまどは、まだ乾燥しておらず柔らかい泥の状態。なので、あらかじめつくっておいたミニかまどを使います。

「火が付いた!」「パチパチいっているよ~!」「お釜の蓋が動いてきた!」大人もこどもも、あちこちから言葉がこぼれてきます。

じょうずに炊けました!

待ちに待った、お昼ご飯の時間。今日はレタスのまきまきサラダと、たくあんの贅沢煮と、かまどのお味噌汁も作りましたよ。手間暇かけて、自分の手で炊いたご飯と一緒に、いただきます!

ほかほかのご飯。「あまくておいしい」と、Oさん家のご主人。息子さんのSくんは、だいすきなふりかけを持参して、白ご飯をたくさん食べていってくれました。

今日のミニかまどづくりでなにより嬉しいなと思ったのは、こどもたちに色んな体験をしてもらえたこと。土で何かをつくる、火に触る、自分でご飯を炊く。家づくりのことを伝えるのはもちろん大切だけれど、これから成長していく子どもたちの栄養みたいなものに、ちょっとでもなれていたら嬉しいな。

さて、完成したかまどを見てみましょう。

これはかわいい。。。ひと家族ずつ、ネコカマドとウサギカマドをそれぞれつくってくださったのでした。

 

=チカ=

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村