施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

高遠 コヒガンザクラ

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

私の住む、高遠町。
タカトウコヒガンザクラが満開になりました!
奈良の吉野山、青森の弘前城とともに「日本三大桜」に数えられます。
桜の時期には、この小さな町に約30万人のヒトがお花見に訪れます。
3.jpg
今年は昨年より7日遅い満開☆約1千500本のサクラが
青空を覆い隠すように、モリモリと咲いています。
しっかりしたピンク色。
地元のおばあちゃん達は、今年は濃いきれいなピンクだ!と
言ってました(^^)
2.jpg
人混みを抜けて、少し離れた場所からのサクラも良いです!
高台にあるカフェ「木のすず」さんから見る、
桜・雪のアルプス・青空の三点セット。
ちなみに、「木のすず」のご主人は、キッチンや家具をつくる職人さんで、
DEFオーナー様のお住まいにも使われています。
奥さまの作るケーキと丁寧に入れてくれる紅茶がオススメ!
1.jpg
小学校のころから、この時期は授業どころでなく、
訪れてくれる全国の方々を迎えるために、公園のお掃除や、駐車場でのお茶サービスを
やりました。たくさんの方がさすが、天下一だね!と言ってくれるので、
この時期ばかりは、鼻高々になります。
この大事な桜を守ってくれているのが桜守さん。
私たちは桜の季節だけ桜を見ます。けど、
桜守さんは、一年間桜を見守りつづけます。
花が散り葉が出始めると、アメリカシロヒトリ対策。
薬剤散布を減らしてきているそうで、そのため虫は必ず発生します。
そのたまごを取り除く、地道な作業があります。
夏は草刈。秋になると台風対策で、幹や枝が折れないように支柱を立てたり。
秋が深まると剪定の始まり。
桜は、植えてから60年位が一番の見所。その後は衰えていきますが、
面白いことに、老いた木は、自ら新しい芽を近くに出したり、
新しい根を生やしたりして、自然に更新していくそうです。
最も気を病むという、雪。
降り始めから雪落としを始め、夜も管理事務所に詰めて対策にあたります。
妹の同級生が桜守をしていて、話していました。
病気や害虫の対策に使用する薬剤を減らしてきて、
8年目を迎えて、公園に集まるメジロ・シジュウカラ・コゲラ・アカゲラなどの鳥が
格段に増えてきたそうです!
毎年、きれいな桜が見れるのも、桜守さんの
力と心があってです。
4.jpg
ライトアップされた夜桜もきれいです!
11041902[1].jpg
mi

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村