施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

経年検査

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

今日の信州は全県的に雪でした。
安曇野市で過去の施工物件の経年検査に立ち会いました。
経年検査というのは、建物の完成後のいろいろな不具合をチェックし必要に応じて修理を行なうものです。アトリエDEFでは完成引渡し後6ヶ月、1年、2年経過時の都合3回の検査修理を行います。
何も無いことが当然BESTなわけですが、気候条件や素材のもつ様々な特性から手直し項目が数箇所は発生していることが常です。
特にムクの素材を使っていますと、木であれば少し反ってしまったり、建具ですとシブくなったりといったような現象があります。
日本の気候は四季がはっきりしていますので、暑く湿気った夏、寒くて乾燥した冬、格段に性能UPした冷暖房機器による室内外の条件の差といったことがその原因です。
今日の経年検査も数箇所の不具合がありましたので後日修理に伺うことを約束してまいりました。
建築という仕事はクレーム産業とも言われます。建てっぱなし、やりっぱなしは当然クレームにつながります。検査とメンテナンスはとても大変な作業ですが、自分たちでつくった家は責任があります。できる限りの対応を心がけて行きたいと思います。
経年検査というのは家のメンテナンスとしても非常に大切な行為ですが、OBのお客さんとその後のことをお話しする貴重な場面でもあります。生活の変化や、設計的なアドバイス、叱咤激励といろいろな会話があります。お茶などいただきながら楽しくお話しするわけです。
今日のMさんとはエネルギーのことについて話をしました。そしてアトリエDEFはもっともっと省エネルギー化を研究してこれからのお客さんに提案をしてほしいと激励をされました。
OBのお客さんに応援されるのは本当にうれしいものです。
今年は過去のお客さんの家をいっぱい廻って活力を得ていきたいと考えています。OBのお客様、おいしいコーヒーなど用意して待っていてください。私の美しい笑顔をお届けにあがります!
kojima

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

デフの原点となった
土に還る家

循環の家 上田
長野県上田市