施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

「古き良き」を残すため。

Series
すずき
関東営業所

みなさん、こんにちは。関東営業所のすずきです。

先日初めて群馬発祥のパスタ「ベスビオ」を食べに行きました!
トマトベースのパスタで味はピリ辛、そして魚介類がたっぷり入ったパスタです。
魚介の出汁が出てて、辛さも絶妙!とても美味しかったです。


「ベスビオ」とはイタリアにある火山の名前だそうで、某テレビ番組で紹介されていてキングオブパスタにも選ばれたとのことで以前から気になっていました。
群馬はうどんも美味しいのですが、パスタも美味しくて食の豊かさが魅力的です(^^)

因みに、群馬出身の対比地さんは「ベスビオ」はナポリタンやミートソース、カルボナーラと並ぶくらい全国で一般的に知られているものだと思っていたらしいです(笑)
地元神奈川でも「ベスビオ」食べれたら嬉しいな~。

まだまだ群馬には行きたい、食べたいものがいっぱいあります!
少しずつですが群馬のこと知っていこうと思います。

 

 

 

さてさて、現在の関東営業所の様子はどんな感じかと言いますと、、、

新築工事以外にも改修工事の方も計画が進んでおります!
こちらは群馬県みなかみ町の改修工事の現場です。
冬は雪のため工事が入れないため、今年春頃から着工予定です。

なんとこちらの建物は築100年以上、そして建築面積約50坪とかなり広いです。
現地に行った際、大きさに驚きました。昔はお蚕さんをやられていたそうで2階?小屋裏?も間仕切りがなく、空間が広がっていて梁は古民家ならではの迫力があります。

神奈川で古民家はいくつかありますが、このような規模の古民家は初めてなので現調する前からわくわくが止まりませんでした。
現調は去年の夏頃実施しましたので、写真がかなり涼しげな感じです。
寒い時期に写真で見るTシャツ姿ってかなり寒々しいですね(笑)
当時暑くて、特に2階や屋根裏は蒸し暑くて辛かったのを覚えております(^^;)

この規模のため、現調は設計の3名+対比地さんの計4名で行いました。なかなかのボリュームで採寸に2時間くらいかかりました。サポートしていただいた砥石さん、しゅうごくんありがとうございました!
外観と外周部を採寸する設計スタッフ。

上がり框までの高さを採寸する砥石さん。

今回の計画では水回りの改修や、薪ストーブの設置などを行います。
豪雪地帯のみなかみ町では薪ストーブが大活躍してくれるはず!お施主様のお父様もかなり前から薪棚をつくったり、薪割りをしたりと薪ストーブが楽しみで準備しているようです(^^)

先祖代々受け継がれた建物であり、大切な財産をこれからも快適で安心して暮らせるような家にするため、そして古き良き日本の建物の良さを残すため、改修を進めていきます。

春の着工が楽しみです!

 

それではまた~。

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

暮らしやすさを追求した
ご家族のための家

循環の家 前橋
群馬県前橋市