施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

ミッションインほっしブル②

Series
ほっしー
八ヶ岳営業所

待たせたな。 コードネームほっしーです。 (ハイ、そのセリフ言いたいだけ)

 

【前回のあらすじ】 謎の不動産屋I氏の指令のもと、関東最強の防御力を誇る女子専用アパート「キングプリンセスキャッスルM」にて【セルフ内見】中のほっしー。(いや、おまえが内見お願いしたんだろ) 現在、誰が見てもただの不審者です。 見つかったらタダではすみません。

そして、血気盛んな男子の侵入を阻む数々の罠をかいくぐり、やっとのことで目的の601号室に飛び込んだのであった…。

部屋の中に入って大きくため息をつきながら目を閉じるほっしーには、郵送されてきた資料の写真に写る真っ白い壁紙のキレイで明るい女のコのお部屋が思い浮かびました。

目を開けて部屋を確かめるほっしー。 あれっ!? 思ってたのとなんか違う…。

自分が学生の頃住んでたアパートの雰囲気。 そしてこのいかにもの色の建具や床。 DEFで自然素材ばかり見ていると、この木目調シートはちょっと気になります。

そしてRC造(鉄筋の入ったコンクリートの柱で建つビル)のこの建物は、地震などの心配はないと思ったのですが、太い柱で結構部屋がデコボコ。 机やベットとかをどう置いても微妙な隙間ができそうです。 これは間取り図を見てもなかなか想像できません。

また、廊下からリビングのドアを開けると突然床に20㎝の段差が…。 このワナにほっしーは完全に引っかかってしまいました。 「うわァ」とか変な声が出ました。(ドアを開けて足を踏み入れた瞬間、オマエがコケってなってるの想像できるわ)

私の膝が悪いことを知っていたとしか思えない凶悪なワナでした。 たぶんこれがI氏の狙いなのです。 I氏のほくそ笑む顔が目に浮かびます。(そんな訳ないだろ)

ちょっと黄ばんだ一昔前の最新装備も勢ぞろいです。 資料や不動産のサイトに写っている写真と結構違うじゃん!   「あの野郎。ハメやがったな!」(ハイ、そのセリフ2回目)

アパートの広告の写真は新築に近い時の写真も多いようです。 よくよく資料を読めばここは築20年以上の建物。 そう思えば部屋はこんな感じだよな。 現在のボス(長女)に報告のためやたらと写真を撮りまくるほっしー。  おかげでブログも書けます。

一通り601号室をチェックして納得したほっしー。 しかし、この「安全地帯」でホッとしたのも束の間、長居はできません。 ホテルから帰る時のように忘れ物が無いかを確認し、素早く601号室を出て外の廊下に出ました。 そして部屋のカギを元あったガス点検扉の中に戻しました。

目の前にはエレベーター。 その隣には非常階段があります。

エレベーターだと1階で扉が開いた時に、ちょうど帰って来た住人に遭遇する可能性があります。 もしその時、ラクロス部の仲良し3人組なんかがいたら、それこそあのアミアミの付いたスティックで袋叩きに合うはずです。(妄想が止まらないおっさん)

ほっしーは迷わず非常階段で降りることを選択しました。

ほっしーが早歩きで非常階段を下りていると、下の階から登って来る足音に気が付きました。 「くそっ!!」(出た。ジャックバウアー) なんで、わざわざ非常階段を使うんだ??

ここはまだ5階の階段。 隠れる所も逃げる所もないほっしーは、天を運に任せて(運を天にな)覚悟を決めてそのまま階段を降りました。

下から登って来たのは、そんなに寒い日でもないのにニット帽を目深にかぶり、マスクにマフラーをした女の子。 目の辺りしか見えず顔や表情は全く分かりません。  ザ・おっさんのほっしーの姿に特に驚くこともなく、お互い軽く会釈ですれ違いました。

すれ違ったその瞬間…。 ほっしーはある違和感を感じました。 というかピンと来たのです!! 「あの子は男の子だ…。」

そう思うと、彼の服装や非常階段を使う一連の行動には納得ができます。

階段の手すり越しに見える彼の後ろ姿をチラ見しつつ、ほっしーは心の中でつぶやくのでした。「上手くやれよ…。」と。  「おっさんも頑張れよ」と彼の背中がそう言っているようでした…。 (たぶん彼は「お前みたいなのがいるから彼女の部屋に行きづらくなるだろ」って思ってたんじゃ) 

ん…?ちょっと待てよ。 オートロック解除のカギは今自分が持っているし、そうすると彼はどうやって侵入できたんだ?  ふと下を見ると非常階段の先に裏口の扉があります。 もしかしてこの勝手口は…。 慎重にドアノブに手をかけ回すと、簡単に扉は開きました。

「今までの俺の苦労は!?」などと考えることよりも、今はとにかく早くここを立ち去ることが重要です。 勝手口から外へ出たほっしーは、植え込みのキーボックスに鍵を入れ、番号をバラバラに戻し、素早く車に乗りこの場を後にしました。

 

近くのローソンで車を停めたほっしー。 最後のミッションも無事成功させました。(部屋でコケたけどな) しかし、あの不動産担当のI氏には一言言ってやらないと腹の虫がおさまりません!! LINEだろうが何だろうが言う時はビシッと言うほっしーです。

「セルフ内見ありがとうございました! 大変参考になりました。 次は【マーガレットリボンハイツ】(仮名)のセルフ内見をぜひお願いします!(*^^*)」 (もうええわ)

 

 

 

【おまけ】 先日のフォトコンテストで見事ほっしー賞を受賞したKさまに、賞品の「星野家具製のステキなスツール」をお届けしました!

玄関先で待っていてくれたお子さん達、イスも喜んでくれて良かったです。

元気いっぱいのKさまご一家。 今度ぜひオーナーさま宅訪問でお邪魔させて下さい!

 

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House