施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

光を浴びる。


こんにちは。朝型or夜型かときかれると、朝型のからさわです。

この間ラジオで、”目覚ましアラームで起きるのは体へのストレスが大きい”ということを聞きました。
心臓に負担がかかったり、血圧やストレスレベルが上がるんだとか。

私も毎日基本的にはアラームで起きているから、体には結構負担がかかっているんだろうなぁ。
昔はスマホのアプリで、あらかじめ設定した写真と同じような写真を撮らないと止まらないアラームをかけていました。
寝てる場所から起き上がらないととれない部屋の写真にしておいて、そこまでいかないと止められない。なんという鬼畜仕様でしょうか。

話がそれましたが、じゃあどうやって起きるのがいいかというと、光の力。
特に、徐々に明るくなっていくような光だと、目覚めも良いみたいです。
最近は光で起きる目覚まし時計もあるみたいですが、やはり一番理想なのは、太陽光ですよね。

夜は暗めな落ち着いた部屋で過ごして、寝て、朝日ととも起きる。これが一番、睡眠の質的にも良いし、何より自然な感じ。

デフのおうちだと、太陽の光をたくさん取り入れられるようにして、昼間はなるべく照明を使わなくていいように。
そして照明は必要以上に明るいものを付けずに、夜は落ち着いて過ごせるように計画をしているので、理にかなっているなぁ、なんて思います。

太陽の光って体にも心にも色々な影響をもたらすらしく、日を浴びないと精神的にも不安定になりやすいことが研究でも分かっています。
実際に日照時間が多い地域と少ない地域では少ない地域の方がうつ病になるリスクが高いみたい。(ちなみに八ヶ岳営業所がある諏訪地域はめっちゃ晴天率高く、日照時間も日本の中でトップレベル。紫外線対策はマストですが!)

私はよく電気つけっぱなしで寝てしまうことが多いのですが、(ごめん地球。)
そんな日の翌朝はたとえたくさん寝たとしてもなんだか頭がスッキリしない。もやっとしています。

大事な睡眠のために、今日は寝る前に遮光カーテンをあけて、陽の光と一緒に起きたいなぁと思います。

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村