施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

宇都宮の蔵

こんにちは

先日は敷地に地縄(建物の形)を張り、地盤を調査しました。

いよいよ宇都宮市で工事が始まります。

宇都宮は大谷石の産地でなので、建物に使われているのをあちこちで見ます。

特に気になるのは大谷石が蔵の壁に使われているところです。

群馬県ではまず見ません。

気になったのはケラバまわりの収まり方。

破風板にあたるところが大谷石を加工して収まっています。

それと窓まわり。

枠がまわって庇まで大谷石で造られています。

屋根や中の床は木造で造られていましたが、もう少し詳細が知りたくなりました。

図書館にでも行けば資料があるのかなー。

塀と連続するような蔵もあるし、なかなか興味深いです。

楽しくなって宇都宮に行くときは蔵を探すようになりました。

車を停めて蔵を見て、写真を撮るのはちょっと怪しいかもしれません、笑

ほどほどにしようと思います。

では。

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

暮らしやすさを追求した
ご家族のための家

循環の家 前橋
群馬県前橋市