施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

八ヶ岳の風~みんなでアースオーブンづくり!

おぐっぴー
八ヶ岳営業所

みなさま、雨風が激しい日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

今日は、八ヶ岳営業所のかまどの横に、アースオーブンを作る日。
天気は大丈夫かな・・・と心配だったのですが、
なんと明け方まで降っていた雨が嘘のように晴れました!

アースオーブンは、土かまどのように、土だけでできているピザ釜のようなもの。
壊れたら土で直して、いらなくなっても自然に還るから安心♪
ピザ釜よりも小さく、温めるのに時間がかからないので、とても使いやすいのです。

この間は、前橋の営業所でもお披露目会がありました。
【「群馬だより~ウッドデッキの魅力を知ろう&アースオーブンお披露目ピザ会 大成功!」https://a-def.com/defblog/35428】

こちらが原料の土。泥遊びみたいで子どもたちも集まってきてます。


ねんどみたいに固いので、水を加えてこねていきます。
「足で踏んだ方が早くこねられるんだけどなあ」というと、足でやってくれました(´U`)


土は粘り気がつよく、長靴が抜けなくなりそう!

そしていよいよ組み立て!
まずは耐熱レンガ。


その上に型を置き、日干しレンガを積んでいきます。
日干しレンガはげんきさんが前もって作ってくれたもの。
【「八ヶ岳の風~げんきくんとアースオーブン」https://a-def.com/defblog/36372】

つなぎに使うのはさっきこねた土です。


よっ!!と。



形になってきました!が、今日はここまで。
この後、後ろに煙突などをつけ、手前には煙が出てこないように
一回り小さくレンガを積むそうです。
その周りにはさらに土を塗り、最後は漆喰で仕上げます。


”新しいもの”のように思えますが、昔から作られていたアースオーブン。
まだまだ知らない土の世界が広がっています。
自然の力を借りて、おいしいたのしい料理。

八ヶ岳のアースオーブン、完成をお楽しみに!!
手伝ってくださったみなさま、ありがとうございました~!

*~*~今日のかまどごはん~*~*

今日のお昼はドライカレーです!
安曇野のワタナベカリー店のカリー粉、美味しいのです。
ぜひ家にも買いたいところ。
それと、ズッキーニ、トマト、ナスなどの夏野菜をたっぷり。
社長が育てたチンゲン菜も添えて。


かまどに火をつけてくれたのは、Kさんちのお兄ちゃん。
手慣れた様子で手伝ってくれました~!
火が扱える系男子。といったところでしょうか。
ありがとう。

おぐっぴー

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村