施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

胸高鳴る、感動の棟上げ。

Series

どうも、こんにちは!中森家です。

 

原村に移り住んで3度目の夏。標高1,000m以上の紫外線を毎日

浴びることに肌が慣れてきたのか、急激に赤くなる焼け方から、

ふと気づいたらやけに黒くなっている焼け方にお肌が変化して

きました。明るい所で鏡を見ると、わ!!びっくり!な最近です。

 

8月11日。なんと光栄なことに、中森家がすきな山の日。

自邸の上棟式を迎えることができました~!! わ~!

その時の様子は、みなみちゃんが書いてくれました(こちら

 

で、ちょっと前にさかのぼるのですが、棟上げの日に立ち会う

ことが出来たので、その時の様子を紹介します。

 

7月28日 木曜日。

お休みの日だったので、一日かけて建て方を見学するぞー!!

と張り切って現場に着いてみたら…

既にけっこう立ち上がってきているぅう(汗)

 

DSC_0007

 

現場監督のあっちゃんに聞いてみたら、

「柱を建てるのは、一瞬ですよ~!」とのこと^^;

しかし腕の見せ所は、ここから。柱の上に梁を乗せていくのですが

ここが、パシッと!決まるのが、すごくかっこいかったです!

 

DSC_0024

 

DSC_0026

かけやのリズムが響き渡る、現場。

 

DSC_0013

クレーンに次に立てる木材をしばる、現場監督のえびさんとあっちゃん。

 

DSC_0016

馬場棟梁が、全体指示。

 

DSC_0029

これこれ!!シャチせんといって、釘や金物の変わりに、

木材と木材の結合部に打ち込むもの。もちろんのこと、これ1本1本、

場所にあわせて棟梁が作ってくれました。

 

下から見上げると、こんなかんじ。

DSC_0134

 

 

DSC_0035

馬場棟梁の刻み。

事前のこの準備が、きっと今日を決めているんだろうな…

 

DSC_0049

大工さんみんなで、かけやの大合奏。

 

そして、いよいよ。棟木(むなぎ)が屋根の一番てっぺんに

かかります。家の一番高いところの木材。家全体を支える、とても

大切な木。棟上げのクライマックス。

 

 

DSC_0053

DSC_0063

DSC_0065

DSC_0084

DSC_0099

 

建った~!!!!!!

中森家、そして今日の棟上げを見守りに、三重から来ていた

中森家の父と母。みんなで拍手。

 

その後、屋根をかたちづくる垂木(たるき)を、棟木に立てかけ、

今日の作業は終了となりました。

 

DSC_0150

 

なぁあんにもなかった、自称・荒野に、立派な家を建ててもらいました。

ぼうぼうに生えた草を刈ったり、えっさほいさと、倒れたまま放置されて

いた木を、伐っては転がして運んでいた日々…

ここに家が建つんかえ~!と、喧嘩しながら夫と整備に明け暮れてた

日々は、今日につながっていたんだな・・・

 

構造材1本、1本が、その場所だけのために、刻まれ、用意され、

見事に収まっていく姿は、まさに圧巻でした。

複雑に刻まれた2本、3本の木が、見事に合わさり1つになって…

 

とてもよく考えられた、人の手仕事に、感動の一言でした。

 

宮城県栗原市 くりこまくんえんさんの杉の木。

たくさんの人の手によってこの場所に再び立ち、

これから一緒に育っていけることに、喜びと感動でいっぱいです!

 

集合写真

 

最後に、大工さんたちとの記念撮影。頂きました!

一日を通してみることが出来た建て方工事。

ばあちゃんになっても、きっと忘れない感動の1頁です。

 

ありがとうございました。

 

中森家 tsuma

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村