施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

群馬だより〜お箸のこと〜「えんの家」グランドオープン<初日の3>

アトリエDEF
八ヶ岳営業所

「オーガニック野菜のお弁当ですか!

 美味しそうですね〜」

 

前の職場で、オーガニック野菜のお弁当屋さんが同じビルにありました。

女性社員を中心に、外国人スタッフにも人気でした。

 

農薬が使われていないものを可能な限り食す。

最近そんな人が増えてきたように思います。

とても良いことだと思います。

 

 

でも、食材を口に運ぶ道具について、何か考えたことありますか?

 

 

そう。お箸。

特に割り箸のお話。

 

割り箸については、以前に八ヶ岳のスタッフが書いていましたね。

そのブログはこちら。この割り箸ならじゃんじゃん使いましょう!

 

でも輸入される割り箸は、ほとんどが漂白されています。

原材料は「木」ですから、薬剤でしっかりと防虫・殺虫加工されています。

 

白くなった割り箸、綺麗ですね〜

虫がついていないんですから安心ですね〜

毒をもった虫もついていないでしょうから安全でしょうね〜

 

 

はたしてそうでしょうか?

 

天然の漂白剤って、レモンとか酢なら聞いたことがあります。これで木を白く加工できる…のでしょうか。もっと強い薬剤でないと難しそうですよね。

 

それと、殺虫剤って「食べられません」とか「気分が悪くなったら医者へ」って書いてありますよね。

 

人間より太古の昔からこの世の中にいた虫ですから、生命力は人間よりありそう。

それを殺してしまう薬剤って、人間の体にも害、ですよね。

 

そんな薬剤が染みこんだ割り箸を口に入れるのってどうなんでしょう。

 

ゴール目前で落とし穴がある感じ。

 

気遣って育てられた食材がだいじにだいじに調理されたお料理、やはり「安心安全の箸」で食べたくないですか?

 

DEFが施工に使う木材も、薬剤で殺虫されていない木材のみ。

 

グランドオープン初日は、普段お願いしている製材所から同じ木材を仕入れ、「My 箸づくり」を開催しました。

 

DSC_0052

 

難しいワークショップではなく、かんなで削って、仕上げに「蜜蝋ワックス」を塗るだけ。コツを掴めば、小学校低学年のお子さまでもできちゃうくらい。

 

ひと組がバラバラのいびつな形どうしになってもいいんです。

 

何より、自分で作ったものですから愛着がわきます。

 

物を大事にする心が育ちます。

 

 

えー、私キノはこちらも作りそびれました(苦笑)

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

暮らしやすさを追求した
ご家族のための家

循環の家 前橋
群馬県前橋市