施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

エコショップ木もれび~井上古式醤油

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

こんにちは!

エコショップ木もれびです。

 

突然ですが、お醤油がどうやって作られているか、考えたことありますか?

大豆と、小麦と、塩、そして日本の「国菌」である糀をあわせて、

最低でも1年熟成させてもろみにして、絞って。というのが、昔ながらのやりかた。

一方では、安価に早くたくさん作ることが出来るようになった現代、

2,3ヶ月で出来てしまう方法もあります。

 

エコショップ木もれびでも売れ筋の「井上古式醤油」は、お醤油の蔵に住み着いた酵母が、

ゆっくりゆっくり時間をかけて生み出すお醤油です。

なんと、もろみを2年間も熟成させて、作られています。

 

 

醤油

 

◆900ml ¥1,036

 

大豆は、油を含んでいます。

油を絞る加工を施した「脱脂大豆」で作られるお醤油もありますが

井上古式醤油は加工をしていない、丸大豆を使います。

大豆に含まれる油は、時間をかけてお醤油の中に溶けていきます。

溶けていく油はグリセリンに変化し、まろやかさや旨みをもたらします。

そして更に、2年間のなかで発酵と熟成を繰り返しながら、味わいは深くなっていくそうです。

季節の気温を利用して、自然のサイクルにあわせて作られています。

 

また、濃口で更に旨みがたっぷりなので、出汁もちょっとで大丈夫。

春菊のお浸しに「井上古式醤油」をちょっとかけて、黒ごまを和えたり、黒胡椒をさっとひいても美味しいです。

 

一升瓶タイプもありますが、木もれびでは900mlサイズをお取り扱いしています。

八ヶ岳営業所では一升瓶タイプを使っていて、瓶と共に2年間の重みを実感しているわけですが

900mlはお料理のとき、さっと取り出して片手でも使いやすいサイズですよ~。

 

IMG_1391

 

エコショップ木もれびの瓶もの三銃士。

次はどれをご紹介しようかな。

 

以上、八ヶ岳営業所内・エコショップ木もれびからのお知らせでした♪

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村