施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

八ヶ岳の風~長いから長野県。

アトリエDEF
八ヶ岳営業所

こんにちは。

八ヶ岳営業所のチカです。

 

ほんとうに止むのか?と思うくらい、バケツをひっくりかえしたくらいに

雨が降っていた昨晩。

みーさんのお陰、綺麗に晴れた今日でしたね。

 

ほんとうにいいお天気の中(自称晴れ女^^)、てくてくの取材へ。

こどもたちと一緒に「氷瀑」を見に行ってきました。

氷瀑とは、凍りついた滝のこと。

 

IMGP0491

 

巨大なループ橋。

ここは南信州・下伊那郡喬木村(たかぎむら)。

喬木村のお隣、飯田市との堺にある「矢筈トンネル」に入るための橋です。

透明なエメラルドグリーンの渓流沿いを登り、

突然道が開けたと思ったら田んぼや家がならぶ集落に出て、

また渓流沿いの山道に入り、

しばらく走るとこの巨大なループ橋が出現しました。

生々しい程の自然と、生々しい程の人工物を一度に見せられ

脳が一気に目覚めた感覚。

道中の、のどかな農村はどこへ!

すごいぞ喬木村!

おもしろいぞ喬木村!

アドレナリンでまくりです。
感動がおおきすぎて、興奮気味になってしまいました。

 

トンネルには入らず・・・(入ってみたかった!)

山の遊歩道を歩いて・・・

 

IMGP0499

 

歩いて・・・

IMGP0522

 

 

歩いて・・・

(これがエメラルドグリーンの渓流。天竜川に流れていくんだと思う。)

IMGP0542

 

歩いて・・・

(使わなかったのか、使われなくなったのか、砂防ダムがありました。)

(ダムネーション上映会をきっかけに、ダムを見るとはっとします。)

IMGP0543

 

そして、たどり着きました。

「禍誤除けの滝」です。

 

IMGP0516

 

滝の音、飛沫、大きな氷の塊。

氷瀑とはまたすこし、違った感動。

完全な氷瀑ではなかったものの、それだけで充分でした。

 

 

昨日は、北信・佐久市に行ってまいりました。

そして今日は南信・下伊那へ。

たてに長い長野県、上下に移動すると気候や風土が変わります。

方言や文化も変わってくるのです。

どこにいってもその場所の良さがあって、

もっとこの魅力を伝えたいと。

滝とか、きれいな渓流とか、岩の隙間から落ちてくる陽だとかを

残るように、残るようにと。

こども達と一緒に、はじめての物を見て、音や冷たさを

心で体で感じて思ったのでした。

 

今日の取材の全貌は4月1日に発行予定のてくてくをお楽しみに◎

人びとの営みが紡ぐ美しいものを、伝えたいと思います。

 

=チカ=

 

 

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村