施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

山梨だより~勝沼で上棟式がありました!

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

昨日は勝沼でも上棟式!

おめでたいことが続きます。

 

 

 

高台から眺める勝沼の街は、 前日の夜からの雪で一面真っ白。

しかし日中は天気に恵まれ気持ちいい青空!

 

DSC_0002

 

I様のお家、実は建て方の日も雪が降りました。

 

昔は上棟の日に雨や雪が降ると「降り込み」といって、その家に福が降り込む縁起物!といったそうです。

建て方で降り込み、上棟式でも降り込み。

なんだかとても、おめでたい気分です。

 

建て方の日 。

 

DSC_0029

 

 

雪吹きすさぶ中、積もる前に垂木かけるぞ~、と総勢7人で組み立てました。

 

DSC_0021

 

DSC_0011

 

梁をかけるときは柱を少し揺らしながら。

素人の私が見ていると折れそう…!となるけど、プロの技、木ってしなやかなんだなあ、と感じた瞬間です。

 

 

 

 

DEFと出会い、家を建てるまで6年。

 

じっくりと土地探し・家づくりを進められ、ついに形となりはじめたI様邸。

 

このお家の棟梁を務める権守棟梁は、I様が初めて見たDEFの家「蓼科の家」の棟梁でもあります。

一緒に携わる若き大工さんも大工歴6年、同じく蓼科の家でデビュー。

 

三位一体の言葉がふさわしいIさま邸、上棟です!

 

DSC_0006

 

 

 

DSC_0010

 

土地探しが長引いて、気持ちが冷めはじめたとき、この土地を一緒に見てもらった。

その時の後押しがなかったら家を建ててなかったかもしれない、とIさま。

 

この家は神の宿る家、お施主様・職人さん・工務店が三位一体となって家づくりをしていきましょう。

と社長。

 

 

 

 

上棟式の後には権守棟梁から家のこだわりポイントの紹介。

DSC_0028

木と木が組み合わさってこそ、木の家の強さが発揮される。

なるべく金物を使わないよう、使わないようにと、どんどん家づくりに欲が出てきた。 と棟梁。

 

現場をきれいに保つことも大切にしていて、

墨付け(木材へのしるし付け)でも、やたらに木材を汚さないため、

一本線を引くごとにタオルで墨を拭き取るのだそう。

1日終わるころにはタオルが真っ黒になってしまうとのこと。

 

工程だけ考えれば必要ない作業。

でもこういう気持ちが積み重なることで「神の宿る家」と言わしめる仕事ができあがるんだろうなあと、感じることができました。

 

 

 

 

Iさま上棟おめでとうございます!

DSC_0025

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〇おまけ〇

 

 

建て方の日の昼ごはん

 

IMG_0882

 

権守棟梁のご馳走にあずかったのですが ここでは皆さん午後へ向けての作戦会議。

垂木の納め方や寸法の揃え方、意見が飛び交います。

パワフルな勝沼の現場です!

 

 

 

すーさん

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村