施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

群馬だより~今日の現場めぐり

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

こんばんは。

関東営業所から宮澤です。

外灯のランプがはいって、絵になってきました。

IMG_0458

赤城山での暮らしごと、3ヶ月がたってだんだんスタッフも慣れてきました。

水道とトイレは外。よって皿洗いも外。

まあ、わたしは山小屋で暮らしているみたいで、なかなか気に入っております。

 

この15分ほど後。

空が燃えるような色。きれいです。

DSCF6678

 

 

さて、このところ、建築現場をみてまわるのが楽しい事に気がつき、

時間をみつけて、この日も現場へおじゃましてまいりました!

今回は高崎市三ツ寺にて建築中のお家です。

DSC_0028

片流れの美しいかたちですね。

こちらのお家、今度の2/28(日)に構造見学会をやらせていただくことになりました!

詳細は近日イベント情報にて告知いたします!

お楽しみに!

 

中をのぞいてみましょう!

 

DSC_0003

この日は床板張りと、断熱材の羊毛の充填がおこなわれていました。

明るいですね。

 

羊の毛。厚くてあったかいです。

調湿もしてくれるので、壁内の結露も防ぎ、ひとや環境にも優しい素材です。

DSC_0007

 

大工さんがかんなで丁寧に仕上げてくれた、ヒノキの柱。

気持ちよくてしばらく撫でておりました(笑)

DSC_0014

 

大引きの刻み模様。このハマった形状を見るのが好きです。

DSC_0012

 

2階の床板はまだかかっていません。

1階から屋根裏まで見上げることができます。

DSC_0009

 

このお家は片流れなので、切妻屋根のお家よりも屋根のトップに高さを感じます。

しかし木造建築、特に日本の在来工法による木造の家は本当に美しいです。

DSC_0013

厳かな感じといいますか、神聖な感じさえします。

ここに立って目を閉じると、ここに使われている木々たちが山の森で

そびえ立っている様と、森の薫りを感じとれる気がいたします。

なぜでしょう。日本の木だからですかね。

DSC_0015

 

2階の様子。

全方角に窓があるので採光はばっちりです!

DSC_0044

 

 

さて今度は足場にのぼって、ぐるっと見てまわります。

立てハゼ葺きの屋根と、榛名山。高いところ好きです。

DSC_0029

 

ここは必ず撮ります、垂木通り。いつ見ても美しいです。

DSC_0033

 

垂木を至近距離で見てみると・・・。

お分かりいただけますでしょうか?

ぬお~!

こんなところまで面取りしてあります!

DSC_0034

ここ2階の屋根ですよ?

完成して足場がとれたら、こんな場所さわれませんよ?

このこだわり、仕上げには脱帽です。

 

ん~ここの通りもGoodですねー。

DSC_0031

 

2階の北面。

こちらも窓多いですねー。

この銀色っぽいのは、透湿・防水シート(タイベック)です。

外壁の内側になりますので、完成すると見えなくなる部分です。

DSC_0040

このタイベックは、透湿・防水に加えて、

遮熱性も兼ね備えたものになります。

群馬の暑い夏に、土壁と相まって効果を発揮してくれることでしょう!

期待です!

 

空に向かう垂木。このアングルも好きです。

DSC_0042

 

 

最後に、必ずチェックしているのが、木っ端袋です。

現場の調整で切り落とされた木っ端たち。

DSC_0017

こんな感じに、色んなかたちの木っ端が詰まっている、

わたしにとって「宝の山」です。(笑)

 

 

そうそう、このお家を担当してくださっている大工のアダムさん。

先日の2/2(火)の読売新聞朝刊の群馬ページで大きく紹介されました!

読売新聞を購読の方、ご覧になりましたかー?

 

 

みーさん

 

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

暮らしやすさを追求した
ご家族のための家

循環の家 前橋
群馬県前橋市