施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

群馬だより~群馬県邑楽町で地鎮祭がありました!

アトリエDEF
八ヶ岳営業所

上代のころ(おおむかし)

ここ群馬県は上毛野国と呼ばれていて、

現在でも異称として「上州」や「上毛」という言い方が残っています。

群馬県邑楽町は、群馬県の東側、

「東毛(とうもう)」エリアにある町です。

Japan_Gunma_Map_Chikei

 

群馬県には、県民なら知らない人はいない「上毛かるた(じょうもうかるた)」があります。

群馬県内の子供に群馬県の名物、歴史などを教えるために1947年に作られたもので、

このかるたにもあるように、群馬県は鶴が舞うかたちをしているのです。

6ab43bdc0508f7f10e9e711fc861f781

 

邑楽町は「鶴の頭」になる辺りに位置しています。

 

 

さて、前置きが長くなりました。

この邑楽町内の駅のすぐ近くに、M様のお家を建てさせていただくことになり、

先日地鎮祭が行われました。

DSC_0177

 

この日はお施主様とご両親も参加されました。

ここはもともと、ご両親が畑を耕して野菜をつくられていた場所でもあります。

DSC_0162

 

地鎮祭がはじまる前、草刈りをしていたのですが、

おいしそうな長ネギがまだ何本か生えておりました。

DSC_0164

 

四方祓いの儀。

宮司さんと、ここの神社さんは巫女さんもいらっしゃいます。

DSC_0166

 

お施主様による「刈初めの儀」。

奥様とお子さん、ご両親が見守ります。

DSC_0168

 

続きまして、DEF設計担当の丸ちゃんによる「穿初の儀」。

DSC_0169

 

地鎮の儀の締めは、DEF近藤所長による鍬入の儀。

DSC_0170

 

玉串奉天をM様ご家族で。

まだ小さいお子さんも、ちゃんと玉串をにぎってお祈りです。

となりでは巫女さんが横笛を吹いてくれていたので、より厳かな雰囲気

となりました。

DSC_0171

 

土地の一画には、緑の低木が生い茂っていて、

地縄のラインと干渉しておりました。

干渉する部分の枝だけ落とすことになりそう、と話をしていたら、

宮司さんがそれなら、とお祓いをしてくださいました。

DSC_0176

お施主様に伺うと、この木はフィジョアの木とのこと。

南米原産の常緑樹で、果実は南国のフルーティーな香りがします。

そうです、ここ邑楽町のお隣は、全国いちの暑さで知られる館林市なんです。

真夏は平気で37℃~38℃を記録します。

ですので、邑楽町の夏も灼熱です。

そして冬は赤城おろしが吹くため、体感温度は気温数値よりも寒くなるのです。

長野県とは「寒さの質」が違うといいましょうか。

 

そのような地域で家を建てて暮らすにあたり、M様にはDEFの家の土壁の性能

(夏涼しく冬暖かい)に興味をもっていただき、期待もいただいております。

完成は初夏の6月頃。

 

M様、この度は地鎮祭、誠におめでとうございます。

現代版土壁の家、今から完成が楽しみですね!

 

 

みーさん

 

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

暮らしやすさを追求した
ご家族のための家

循環の家 前橋
群馬県前橋市