施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

我楽多荘の敷瓦

アトリエDEF
八ヶ岳営業所

kawara.jpg
我楽多荘では、南側のたくさん日差しの入る大きな窓の下に、敷瓦を敷きます!(お部屋の中にですよ。)
この瓦が、太陽の日差しをたくさん吸収して、熱を蓄えてくれる効果を狙っています目
瓦はオーナー様の奥様の故郷、三河の瓦を使っています目
瓦でとても有名な三河ですが、今ではほとんどが大型の工場で作られているようです。
今回、手作りされている工房を探したのですが、見つからず、三河で黒七輪を手作りで作られている杉松製陶さんに、「手作りの瓦を作ってもられないでしょうか。。。?」と頼み込み、特別に焼いて頂きましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
そして、実際にオーナー様と一緒に杉松製陶さんへも行ってきました♪
k1.JPG
だるま釜。
この地域で、今でもだるま釜を使っているのは、杉松製陶さん一件だけだそうです。
k3.jpg
k2.jpg
k4.jpg
打合せの様子。
日本の職人さん達は、ほんとうに凄い!
ひとつひとつ気持ちを込めて作っている、日本の手仕事って、本当に良いですね~!
natsuko

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村