施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

風呂敷委員会

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

今日はこんな箱をつくってみました。最近寒くなりましたね。
木もれびの家は相変わらず暖かいですが、やはり移り変わる季節には勝てません。
と、いうことで!床暖房入りました!
こもれびの家の床暖房といば・・・・
そうです、あの燻炭籾殻床暖房です♪
じんわり暖か床暖房。これを皆様に体感していただきたい!
そこで私は考えました。
委員会活動をしよう!
・・・・・平たく言えば、こもれびの家でできる小さな小さな教室です。生活の知恵を出しあってせっかくだからこもれびの家で習い事をしようと思うわけです。常駐しているわけだし。今のところ私一人しかいませんので私にできることのみの活動をしていこうかなあと思っています。今考えられるのは、風呂敷の使い方、室内でできる簡単な運動、英語、中国語、読書会、絵本製作、ものづくり、掃除etc…これらを考えております。まだまだ正式なイベントではありませんので、お申し込み等しておりません。こもれびの家に来ていただければ何かしらやってますということです。時間はだいたい平日の2時から一時間から二時間以内を予定しています。告知はブログのみですので、要チェックですよ!(笑)

さて、今日は初回ということで、風呂敷委員会を立ち上げてみました。今日が火曜日で風呂敷研究をしたので来週から毎週火曜日は風呂敷の日♪
さてさて、今日は段ボール箱をかごか小物入れにしてみました。

①風呂敷を広げ、段ボール箱を斜めに置きます。
②箱のふたを一対中に折り込みます。もう一対には風呂敷の角をかけます。
③風呂敷と一緒に折り目に指を添えてしわのないように中に折り込みます。
④反対側も同様に折り込みます。
⑤そうしたら風呂敷の残った角をきれいに伸ばし、しわのないように箱に沿わせて一回ねじってから結びます。
⑥反対側も同様にします。
⑦最後にその角と角をひねりながら結んで出来上がり。



長手短手をかえてもできます。取っ手をつけずに小物いれとしてもOKだと思います。
段ボール箱をそのまま使うと何か物足りないですよね。こんなとききれいなはぎれやかわいい風呂敷があると便利です。
一枚布で支えるのでダンボールも強化!
試された方は感想をください。
つくり方がわからない方、もうちょっといい方法がある方は来週一緒に研究しましょう!
明後日は先日絵本の会でおしえていただいた「JUST ME」の翻訳をしながら、ちょっとした英会話の勉強やっていこうかと思います。いずれは「Silent Spring(沈黙の春)」を読んでいけたらと思いますが・・夢のまた夢?  (ゆ)

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

暮らしやすさを追求した
ご家族のための家

循環の家 前橋
群馬県前橋市