施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

おひさしぶりです

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

最近の木もれびの家はだいぶ変わりました前回の木もれびの家現場日記から、だいぶたってしまってすみません。木もれびの家は、外壁下地も張り終わり、その上に防水シートをはって網みたいなのが張ってあります。あと少しで外壁塗り始められます。
内側はもう階段が完成してます。そして二階には壁材が張られています。今回の壁材は、バーミキュライト(鉱石の一種)を主原料としたセラミック系のものです。燃えないし、吸湿作用抜群で、当然のごとくシックハウス症候群の原因になりません。自然に還る材料でつくられていながら、粘りもあるので加工しやすいらしいです。切る時は粉塵がでますけどね。これに左官材を塗っていくわけです。フォレストボード、羊毛、この壁材、どんどん自然な物ばかりになっていきますね。
今日は外構の打ち合わせがありました。私は家よりも庭の分野出身なのでちゃっかり聞かせてもらいました。ほぼイメージができたみたいなので、出来上がりが楽しみです。
木もれびが心地よい家になるといいですね。(ゆ)

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

暮らしやすさを追求した
ご家族のための家

循環の家 前橋
群馬県前橋市