施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

殿城の家 構造見学会

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

27日、10:00~16:00まで構造見学会を行っております。上田市殿城で構造見学会を行います。
信州カラマツをふんだんに使った住まいです。

構造見学会で、よく質問されることは
 「どういったところを見たらよいのですか、」ということです。
専門的な知識がある方は、見学ポイントを見極めているのでしょうけれど、
一般の方にはなかなか見どころがつかめませんよね・・・。

なので、ひとつポイントを。
隠れてしまうところを見てくださいっ!

■例えば、断熱材。
一般的には黄色いグラスウールというものが使われています。
デフでは、羊毛断熱材を充填しています。
触ってもチクチクしないし、調湿作用も持っています。

■それから、材木。
産地が明らかで、防蟻処理など薬につけたものは使っていません。
土台は、宮城県のヒノキ。柱・梁は、信州カラマツ。下地材は、宮城県の杉を使っています。

■少しレベルアップして、構造。
筋違い(すじかい)をバランスよく配置しています。
    ・・・柱と柱の間に斜めに入っている材木のこと
火打ち梁(ひうちばり)をしっかり入れています。
    ・・・材木が直交する部分に斜めにかけわたした補強材
などなどなどなど・・・・・・

うーーーーーん。言葉で書いても、ちんぷんかんぷんですよねー。

なので、現場にいるスタッフに直接聞いていただくのが一番です。
どんなささいなことでも、疑問に思ったことはどーんと聞いてください!

では、お待ちしております。

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村