施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

じぶんチの柱を切りに宮城県まで!

Series
ほっしー
八ヶ岳営業所

こんにちは。 東京オリンピックが無事に盛り上がって終わることを願っているほっしーです。

 

さて、アトリエDEFで家づくりを始めるお客さまにはいつも「ご自身の家の大黒柱を切りに、宮城県の栗原市まで行きませんか?」とお誘いします。

なぜならそれは一生の思い出になるから!

【ほっしー作 遠足のしおり的な「伐採ツアーのしおり」】

先日3組のご家族の皆さまと共に「伐採ツアー」を行いました。 宮城県栗原市で伐採を案内してくれるのは、アトリエDEFに国産の杉の柱を届けてくれる「株式会社くりこまくんえん」さん!

ぜひ会社のホームページもご覧下さい。 なぜDEFがくりこまくんえんさんの柱じゃないとダメなのかが良くわかりますよ!(あちらのHPにも今回の伐採ツアーの様子が紹介されています)

株式会社くりこまくんえん

IMAGE

ちょうどこの日から長雨がやみ、晴れ間と共にいよいよ夏が始ったと思われる先週末。 参加者全員で頑張って山を登り伐採場所へ向かいました。 すぐバテるほっしーを横目に元気に走り回るユキちゃん(真ん中におとなしく立っている女のコです。)

伐採はもちろん実際にオーナーさまにやってもらいます! 大丈夫、みんなチェーンソーを初めて使う人達ばかり。 ちゃんとくりこまくんえんさんの木こりさん達が丁寧に指導してくれますよ。 結構専門的な指導で教える側も熱が入ります。

伐採する木は事前にくりこまくんえんさんで手ごろな大きさの木を何本か選定していただき、その中からお客さまに選んでもらいます。

伐採前は木への感謝と安全に伐採と家づくりができるようお清めとお祈りを捧げます。

今まさに倒れていく樹齢50年程の杉の木。 体全体で感じる風を切る音と、ドシン!という地響きは記憶に残る経験となります。

上手く予定通りの方向に倒すことができました! 自分が倒した木の切り口を見ながら、こんな太さの木を切ったということに感動!

この木が他のお宅に行かないようにちゃんと名前を書きましょう!

伐採作業の後は近くの温泉で汗を流し、夕食は宿泊所にて宮城県の美味しいお食事をいただきます。(いつもごちそうをありがとうございます!) もちろんコロナことをお互い忘れずに適度に楽しみました。 同じ目的の元、参加者の皆さんもすぐに仲良くなりますね。

2日目はくりこまくんえんさんの工場を見学しながら、昨日切った木が柱に製材される様子を見ました。 きちんと間伐されて大きく育った杉の木はどれもまっすぐでキレイな木目。

四角く切られていよいよ柱っぽくなった杉の木。 この後もう1㎝位削られてもうちょっとスリムになるそうです。

今回は燻煙(くんえん)処理をする大きな窯(かま)の内部も見ることができました。 この工程ができる「くりこまくんえん」さんだからこそ、アトリエDEFとの強い信頼関係があるんですよ。 だから最近のウッドショックもへっちゃらです。

高温乾燥ではなく、低温乾燥にもこだわっています! ゆっくりしっかりと乾燥させて、木の内部割れを防ぎ丈夫な柱に仕上げています。

何回かブログでくりこまくんえんさんの伐採のことを書いていますが、だいぶ端折っても内容が濃くて文章が長くなってしまいます。 それだけこの2日間は参加者の皆さんにとっても素晴らしい出来事が多いということでしょう。

ここに来るといつも思うことがあるんです。 「じぶんチを自分でつくってるな~」って。

 

急に暑くなった2日間、参加された皆さん本当にお疲れさまでした! 宮城県までの長い道のりでしたが、素晴らしい思い出になってもらえると嬉しいです。

秋の着工・上棟にむけて今後のお打ち合わせもどうかよろしくお願いします!

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House