施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

現地調査に行ってきました!@関東営業所

Series
対比地
関東営業所

みなさまこんにちは。

蜘蛛の巣に引っかかりがちな関東営業所の対比地です。

ここ群馬も5月に入りだいぶ暖かい日が続いています。
これを書いてる日はなんと日中30℃でした….。暑い….。

さて、最近の私はと言うと、設計の丸山課長に連れられて現地調査に行ったりしてました。
文字通り、お客様がこれから家を建てる土地、または建てたい土地を調査しに行きます。

まずは、関東営業所から車で30分ほどの別荘地にある土地へ。
広い!!
そして日当たり抜群。と、私のような素人にはそのくらいの情報しかわかりません(勉強中)

では丸山課長がどこを見ているかというと、土地の高低差、水道はどこから引いて…などなど見ていきます。別荘地は景観を守るために建てられる建物に制約があったりするし、
このように木が生えていれば切り倒したり、抜根しないとだね~とか実際に土地を見てみないと分からない事がたくさん。

次に現地調査したのは埼玉県の土地。
先程とは打って変わって、住宅地の中の土地です。しかも建物あり。
住宅地の場合は隣接するお家の窓がどこにあるかなどもチェックします。隣のおうちと目線が交わらないようにするためだそうです。なるほど~

こんな感じでカーポートからの高低差がある土地です。ここにデフのお家を建てるとしたら….。丸山課長は何かいいアイディアをひらめいた模様。難しそうな土地だけどおもしろい
事ができそう!

家を建てるには当たり前ですがまず土地が必要。
なかなか理想の土地を見つけるのって大変です。決め手ってなんだろうな~
もちろん、仕事に通える場所かとか、予算とか現実的な問題もあるけれど、
なんとなくのフィーリングも大事だったりして….。

設計の目線から土地を見ると色んな事が見えてきますね。
どんな場所でもそこに合ったお家を設計できる設計士ってすごいよね….。って
知れば知るほど思います。
私もたくさん土地を見て日々勉強です。

それではまた~

 

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

暮らしやすさを追求した
ご家族のための家

循環の家 前橋
群馬県前橋市