施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

宿泊体験。

こんにちは。
先日、八ヶ岳営業所の女子スタッフ数名と、循環の家八ヶ岳の宿泊体験をしました~
なんやかんや、実際に泊まってみるのは初めてでした。

みんなで手分けして夕食づくりしたり、お布団の準備をしたり。
(なんだか修学旅行みたいでした)
ただ、料理に手間暇をかけたことにより、出来上がったころにはもう21時に(!)
あっという間に時間は過ぎてしまいましたが一晩でいろんなことが体験できました◎

体験したかったこと
その1 「薪ストーブのオーブンを使う」
冬の循環の家八ヶ岳の宿泊体験といえば、薪ストーブですね!
デフで薪ストーブ自体は毎日使っていますが、クッキングオーブンを使うのは初でした。
オーブンで焼いたのは、ピッツァ。
おぐっぴー先生に生地の作り方を教えてもらいながら、なんと8枚も焼きました。ついつい作りすぎました。
温度調節はなかなか難しいかもしれませんが、薪ストーブ&オーブン料理で特別感満載の料理が作れますよ~楽しかったです。
一緒に作ってくれたポトフやサラダも絶品でした~ごちそうさまでした。

その2 「お風呂」
デフの標準仕様の桧板+ハーフユニットバスのお風呂。
普段はもう慣れてしまったのか、香りをあまり感じないのですが、
10年経っていても、壁が濡れると乾いている時より桧のいい香りを感じました。まるで温泉に入っているかのようでした!

その3 「イワタのおふとん」
最近導入されたサスティナブルな方法で作られたイワタの高級おふとん。
ぜひとも寝てみたい!と思っていましたが、5人に対して2組しかありません。
みんなで公平にくじ引きをした結果、はずれ。う~ん、寝てみたかったぁ。また今度の機会に。

その4 「夜」
そして気になるのは夜の過ごしやすさ。
しかし、ピザを焼いている時にストーブを焚きすぎて、暑くなり、換気をしすぎた結果、寝る前には少し寒い。
あわてて薪を足しましたが朝は少し寒かった(汗)
私たちは薪をケチりすぎた結果こうなってしまいましたが、ちゃんとしっかりストーブを焚いていればそんなことはないと思いますのでご安心を。
ちなみに年末年始に現在の土壁仕様のデフのお家に住む、なつこ先生のお宅にお泊りした時はめちゃくちゃ暖かかったです。

そんなこんなで楽しい夜を過ごしました。他にもかまどごはんや、薪割などなどできるので、循環の家八ヶ岳に泊まった際は是非いろんなことを体験してみてくださいね!

からさわ

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村